スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
レギンス?レギンスってアレだろ?スクエニの新しいゲーム的な。
2007-03-31 Sat 02:43
はい、どうもアルベルトたんです。しばらく更新する事を放棄しておりました。
まっとうなブロガーの人が見たら本気で殺されそうなこの体たらく。
で、今日お話しするのはメンヘラと言うか


ちょっと受信しちゃってる女の子に纏わる内容です。


もちろん完成した文章を読ませた上でネタにする許可は頂いています。
ですが、内容が内容なので読んで気分を害されるかもしれません。
そう言う人は読まなければいいよ。

※注 彼女は今ではすっかり更生し立派な先輩の恋人の一人として頑張っています。

 
 
 
 
全ての事の始まりはある人とその人の恋人とのやり取りでした。

恋人『ねぇ・・・・ちょっと相談があるの・・・・』
『ん?なんだい?君の顔に笑顔が戻るなら何だってするよ?』
恋人『私、妹がいるの。』
『それでどうしたのかな?』
恋人『それで妹の様子が少しおかしいの。』
『それは大変じゃないか!!』
恋人『だから貴方の力でどうにかならないかなって・・・・』
『分かった。他でもない君の為だ。何とかしてみよう。』
恋人『でも・・・・私、どうしたら良いのか分からなくて・・・・』
『安心してくれ。俺の後輩にトラブル処理のスペシャリストがいるから。』
恋人『うん、分かった。妹をお願いね・・・・』
『じゃあ詳しい話を聞くためにホテルを予約してあるから続きはそこで』


――二日後の昼――


プルル――プルル――

昼間のまどろみの中、携帯から流れてくるテラー2000が俺に着信を告げる。
ちょうど的場浩司のドラマを見ていた俺は邪魔されたくなかったので
携帯をマナーモードにしてドラマの続きを見ていた。
いくらたっても着信が止まない。コレは困った。
仕方なく携帯のディスプレイを見る。先輩からだ。
これ以上邪魔されるのも嫌だったので気は進まないが電話に出た。

先輩『何でもっと速く電話に出ないんだ?』
俺『他にやる事があったから。』
先輩『他にって何をやってたんだ?』
俺『的場浩司のドラマを見てた。』
先輩『お前はドラマなんか見なくて良い。



お前は俺の人生と言う名のドラマの中で自分の役割を演じていれば良いんだよ。




俺『俺にとって的場さんは絶対なんだよ。このナルシストが!!』





先輩『違う。俺は自分を愛しているんじゃない。世界が俺を愛してるんだ。』









今年の花粉は頭に来るようです。









はい、と言う訳で先輩の登場です。冒頭で恋人と会話をしていたのも彼です。
別に隠すことも無かったんですが本人が

『ほら、秘密のある男って魅力的だろ?』

などと今時の中学生でも言わない理論を展開したせいであんな風になりました。
と言う事で先輩に連れられ大阪へと出発します。
この時、私が何故呼ばれたのかは一切教えてもらえず
呼ばれた理由を尋ねれば笑って誤魔化され何も教えてはもらえませんでした。
大阪の先輩宅に到着しても『今日は奢りだから』とメイド喫茶に連れて行かれる始末。
そして結構日の前日の夜、遂に呼ばれた理由が明かされた。

先輩『お前を呼んだのは他でもない会って欲しい人がいるんだ。』
俺『会って欲しい人?誰だよ?』
先輩『俺の恋人の妹なんだがちょっと問題があったらしくてな。』
俺『そこで何で俺が出てくるんだ?』




先輩『人生どんなに辛くても下には下がいるって分かれば気分が和らぐと思ってな。』
『コレは俺への挑戦として受け取って良いんだな?』




先輩『どんな話をするにしても落ち着いて話せる環境でやらないと意味が無いだろう?』
俺『それは分かる。』


先輩『だったらさっさと犠牲になれ。』
『とりあえずお前は死ね。』


そして夜は明け朝が訪れた。
私は先輩に連れられるがまま恋人の家まで連れて行かれました。
家の前で先輩の彼女が出迎えてくれた。
簡単に挨拶を済ませ家の中へと案内してもらった。
リビングへと通され先輩の彼女が紅茶を煎れてくれた。
そして、先輩が口を開く。

先輩『前に言ったトラブル処理のスペシャリストを連れてきたよ。』
恋人『よろしくお願いします。』
俺『よく分かりませんが頑張ってみます。』
先輩『とりあえず妹さんがどんな状態なのか教えてくれるかい?』
恋人『うん、分かった。』

すると彼女は一冊のノートを私の目の前に置いた。
ノートはコンビにでも売っているような至って普通のノートだ。
一体このノートは何なんだろう?しかし、彼女は喋ろうとしない。
何時までも話が進まないので仕方なくノートを手に取ろうとした時、
咄嗟に彼女の手が私の手を握る。
体育祭のフォークダンスでも女性と手を繋げなかった私にとっては
思わず恋に落ちてしまっても仕方がない出来事だった。

恋人『あのぉ・・・・』
俺『な、何でしょう?(ドキドキ)』

















恋人『これを見て逃げ出さないと誓ってください。』











何ですと?











恋人『絶対に逃げ出しませんよね!?』












そんなに危険な任務なのか?












先輩『ハッハッハ、任せてk『お前は黙ってろ。』
恋人『どうなんですか?妹を助けてくれるんですか?』
俺『具体的にどうなのか見てみないと分かりませんよ。』
恋人『分かりました。』

先輩の恋人はゆっくりと私の手を放した。
そして私はゆっくりと問題のノートを手に取った。
先輩と先輩の恋人が息を呑む中、静かにノートを開いた。

――○月×日

どうやら日記のようだ。別に日記くらい書いたって良いだろうに。
何を問題視する事があるんだよ。ただの日記だろ?

私は目覚めた。

朝、目が覚めたんだよね。気持ちのいい朝だ!!今日も頑張ろう!!









私こそが世界を救う鍵なのだ。















そっちに目覚めちゃったのね。















速く人々をギムルの園へと導かないと世界の崩壊は止められない。
夢の中でメラスフェルウスに言われた通り最後の鍵としての務めを果たそう。
しかし私はエスヴェルとは共に行けない。彼は帝国に魂を売った。
エスヴェルの密告によって氷の戦士の軍団が私達を追ってくる。


早く人々を目覚めさせなければ。






俺も夢なら覚めて欲しい。





いやぁ、もうね、これを初めて見た時はどうしたら良いのか分かりませんでしたよ。
ツッコミ所と言うか言いたい事が沢山ありすぎて大変ですよ。










私は鍵、私は鍵ってアレだろ?鍵っ子だったんだろ?











氷の戦士の軍団ってお前、日光サル軍団的なものだろ?











帝国ってムツゴロウ王国のことでしょ?











とりあえず一番最初の日記を読み終えた私はゆっくりとノートを閉じ
気が付けば覇気の無い笑顔で土下座をしながら許しを請うていた。

俺『ちょwwwwwコレはwwwwサーセンwwwww』
恋人『どうしても無理ですか?』
先輩『出来ないのか?』
俺『サーセンwwwww』
先輩『あの友人妹にあの事をバラしても良いのか?』
俺『な、何を?』
先輩『お前があの子の写真で『出来るだけ頑張ります。』

嫌々ながらも仕事を引き受けることにしたアルベルト。
アルベルトは彼女を見事立ち直らせる事は出来るのだろうか?
と言うことで今回はここまで。
次回は日記に書いてある事に軽く触れようと思います。

                               To Be Continued...
スポンサーサイト
別窓 | 常軌を逸した日常 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<緊急速報!! | You、CanだからDoしちゃいなよ!! | フ○ッキューアンダーーイ!!>>
この記事のコメント
レギンスってファイナルファンタジーの事?
それともパッチのことなの?

ムツゴロウ王国でググッたら、
犬のお悩み相談みたいなのがあって
見れて良かったです。
うちは犬を飼ってるんですけど
ゴミあさりやなんかで大変で、大変で(笑)
犬に完全になめられてます(笑)

それから、友人妹さんの写真で・・・。
元気があっていいですね。
・・・そういうことですよね?
2007-04-02 Mon 01:19 | URL | 砂肝 #NkOZRVVI[ 編集] | top↑
ん~、先輩は姉妹ともって事ですか。なんてうらやまし…いや、けしからんですね。
2007-04-02 Mon 15:20 | URL | ドクピー #-[ 編集] | top↑
先輩はわざわざ大阪から来る行動力がスゴイですね。

にしても本っ当に女性に弱いですねぇ!
異性にドM、同性にドSを気取る私に堪りません!!(私はいたって普通ですよ!うん、おにゃーのこ大好きだし)


関係ない話ですが。
ナショナル会館っていうパチンコ屋のテレビCMの声って、あゆ嬢らしいですね
2007-04-02 Mon 22:20 | URL | 某k #k5zPu.aM[ 編集] | top↑
>砂肝さん
レギンスと言うのは勘違いしたスパッツの事です。
アレはスパッツと同類と呼ぶにはダサすぎるので私には許せないものでもあります。
果たしてムツゴロウ国王のアドバイスがどれだけ役に立ちましたでしょうか?
ムツゴロウ国王は常に私達の数歩前を歩かれている方なので
時々何を言っているのか分からなくなります。
>・・・そういうことですよね?
あまり深く追求しなくてもいいと思います。

>ドクピーさん
先輩はこの件以来何も問題も無く姉妹丼を行えるようになりました。
うらやま・・・・全くけしからんですね。

>某kさん
先輩が言うには大阪には面白い人は沢山いるがネタのために身体を張れる人が少ないんだそうです。
で、何かネタになりそうな事があると私の所にやって来るという感じらしいです。
そうですよね。本当に女性に弱いですよね。私も。
先輩は気に入った人間なら別け隔てなく優しいですよ。私以外には。
>ナショナル会館っていうパチンコ屋のテレビCMの声って、あゆ嬢らしいですね
そうなんですか?私の住んでいる所には恐らくナショナル会館なる物がないので知りませんでした。
2007-04-04 Wed 22:08 | URL | アルベルト #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| You、CanだからDoしちゃいなよ!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。