スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
プチ復活
2006-12-21 Thu 20:55
どうも、バーチャルネットアイドルの人です。
ノロウイルスの猛威を何とか退けプチ復活です。
たぶんあんまり心配してないだろうけど心配をお掛けしました。
と言う訳でリトルトウキョー殺人課の紹介の続きをしましょうか。



-WARNING-

この文章にはグロテスクな表現、ネタバレ、たくさんのオッパイを含みます。
むしろオッパイを口に含みたい。
貴方にはこの物語を拒否する権利があります。

 
 
 
 
 
~前回のあらすじ~
この店は皿も生だ。


どうも、アルベルトです。今日もバッチリ決めちゃうぜ!!

20061211203814.jpg

リトルトウキョー殺人課

もっとちゃんとした前回のあらすじを見たい人はコチラ
えぇと、前回ってどこまで話したっけ?
あぁ、そうそう。セップク女を助けた所から脱出するところか。
セップク女をオープンカーで連れて逃げるドルフ様。
行き着いた先はドルフ様の隠れ家でした。

snapshot20061211180411.jpg

内装が色々と間違っている気もしないではないですが
見て見ぬフリはお約束。突っ込まないでおきましょう。
ドルフ様がミナコと話をしているとブランドンから電話がかかります。
敵のボスはどうやら風呂屋にいるらしい。
早速ドルフ様はその風呂屋に向かって出発をします。

snapshot20061211180545.jpg

何故か体操座りをしているのが気になりますが
遂に現代を生きるラストサムライ達が揃いました!!
そしてドルフ様たちは再び敵ボスと対面する事となります。









snapshot20060908002331.jpg
























snapshot20061211180713.jpg
























death.jpg

























うわぁ、このお風呂屋さんは刺青は大丈夫って怖ぇよ!!
当たり前のようにドルフ様たちは大乱闘を繰り広げます。
ドルフ様は殺戮の限りを尽くしますが
なんと敵のボスに逃げられてしまいます。





店に乗り込んでは大暴れし、自宅に押し入っては部下を銃殺し、
風呂場で殺戮の限りを尽くしたドルフ様。






さすがに身の危険を感じたらしくセップク女を連れて
もう1つの隠れ家に身を隠すことにしました。

snapshot20061211181251.jpg

snapshot20061211181322.jpg

まぁとっても素敵なお屋敷ですわ。

外見は完璧と言ってもいいほどの出来映え。
どこからどう見ても立派な日本様式の屋敷です。
今、ふと思ったのですが
所々に挿入される少年時代の回想では普通の家に住んでいたのに


どこで道を踏み外したのでしょう?


さて、このドルフ様のこだわりは内装にも表れています。

snapshot20061211181408.jpg

内装一つ一つにもこだわりが窺えますよね!!
特にセンターにある物体を見てください。
アレって何に見えますか?アレね・・・・





コタツですよ。布団ないけど。













劇的ビフォーアフターもビックリの匠の技が今ここに存在します。













ブランドンが少し寒いなみたいな事を言うとドルフ様は


『すぐに暖まる』


と言い放ちコタツに火を点します。











貴方のおかげで私を包む空気は
いつまでも暖まりそうにありません。












一息ついてドルフ様はお風呂に入る事にしました。
日本通のドルフ様の家のお風呂は何故か五右衛門風呂。
満点の空の下、ドルフ様はお風呂に入っていました。

snapshot20061211181523.jpg

のんきにお風呂に入っているとセップク女が近付いてきます。
2人は他愛もない世間話を始めました。

snapshot20061211181536.jpg

snapshot20061211181630.jpg

snapshot20061211181636.jpg

いやいや、『俺が建てた』ってドルフ様!?
お前、何者!?むしろ何を目指しているの!?
しかし、コレでハッキリした事があります。
家が建てれる時点でドルフ様のライバルはヤクザでもなく






TOKIOの山口君です。






ドルフ様がセップクとイチャイチャしていると
ヤクザに家を襲撃されてしまいます。
山奥にある隠れ家のはずなのに何故ヤクザにバレたのでしょうか?
答えはとても単純です。







あんな変人が住んでたら嫌でも有名になります。もちろん悪い意味で。







既に屋敷を囲まれているドルフ様は逃げ場がありません。
怖気付くブランドンにショットガンを渡し

『大丈夫だ』

と微笑みかけるドルフ様。
ドルフ様はおもむろにタンスを開き中の物を身に付け始めました。
そう、コレこそがドルフ様の奥の手、最終兵器だったのです!!
それではご紹介しましょう!!
20世紀が誇るこのピンチを覆す大量破壊兵器を!!















snapshot20061211181924.jpg

最終兵器その壱:鎌















恐らく自分が刈られます。















snapshot20061211181941.jpg

最終兵器その弐:サイ















既に日本の武器じゃない。















そんな最終兵器をセガールの如く惜しみなく投げつける。
スゴイよ!!百発百中だ!!
ここでも再び殺戮の限りを尽くすドルフ様。
しかしここでセップクを人質に取られてしまいます。
ドルフ様とブランドンは捕まってしまい家に火を放たれます。
そして廃工場に連れて行かれました。
そしてそこで拷問をされてしまいます。


snapshot20061211182437.jpg

こう言う健康法を見たことがある気がしますが






リトルトウキョーではこれが最凶の拷問なんでしょう。






割と普通に脱出したドルフ様はそこにあった車に乗って逃げようとします。
しかし車に乗った途端ヤクザにフォークリフトで
自動車用スクラップマシンのベルトコンベアに乗せられてしまいます。
ボディがボコボコで出られないドルフ様。
もうすぐスクラップマシンに飲み込まれてしまいます!!

snapshot20061211182924.jpg

ここでドルフ様が一思いにスクラップされる事が
私にとっての一番のハッピーエンドなんですが
人生そうは上手く行かないようで何とか脱出します。
しかし、ヤクザ達はドルフ様が死んだと勘違いし引き上げます。
これからドルフ様が復讐のために修行を始めます。

snapshot20061211183101.jpg

snapshot20061211183137.jpg

結構本格的です。画像ではありませんが居合いとかもやってます。
なんだかいい感じになってきました。
特訓の末、ドルフ様がセップクを救出と言う展開になったら
今までのドルフ様のオチャメには目を瞑ってもいいです。
そして準備が整い、いざ出陣の時です!!
ドルフ様は戦装束に身を纏い・・・身を・・・纏い・・・・














snapshot20061211183150.jpg













分かってます。分かってはいるんです。
ドルフ様は悪くない。むしろ被害者なんです。
でもなんでなのかな・・・・







日本が汚されてる気がする。







決戦当日。街は春祭りで賑わっていた。
ドルフ様はヤクザの手下が運転しているトラックを奪い
ボスが潜んでいるビール工場へとトラックのまま突撃。

snapshot20061211183741.jpg

いざ、出撃!!

そこでも当たり前のように虐殺の限りを尽くします。
抵抗しながらも逃げるボス。追うドルフ様。
敵のボスはハシゴで上の階に逃げようとします。
後ろにはドルフ様が追いかけてきます。
見つかり次第、速攻で銃殺されてしまいます。絶体絶命!!

snapshot20061211183851.jpg

そんな時でもレディーファースト。

私怨でヤクザを虐殺するドルフ様と女から先に逃がす敵ボス。
どっちが悪者か分かったもんじゃありません。
結局、敵ボス以外を虐殺したドルフ様。
逃げた敵ボスを追って建物の外に出ます。
すると、敵ボスが漏れたガソリンに火を放って逃げていきます。
ドルフ様は危機一髪セップクを助け出しました。

snapshot20061211184345.jpg

敵ボスは祭りで賑わう街へと逃げていきます。
一般人が巻き込まれたら大変だ!!追いかけるドルフ様。
一方、街ではパレードが始まり盛り上がりは最高潮を迎えます。

snapshot20061211184428.jpg

snapshot20061211184440.jpg

snapshot20061211184449.jpg

snapshot20061211184506.jpg

確実に大陸産の物が混じってますね。

敵ボスは道行く侍から刀を奪いドルフ様に決闘を挑みます。
ドルフ様はその誘いを受け道行く侍から刀を奪います。
そして2人の真剣勝負は始まります。

snapshot20061211184635.jpg

ちなみに奪った刀は真剣です。
詳しくは言及しませんが




一般人でも真剣が持てるなんて
さすがアメリカです。





紆余曲折はありましたがドルフ様がボスに刀を突き刺して終わりです。
刀が刺さったボスは変なオブジェに叩きつけられ

snapshot20061211184740.jpg










snapshot20061211184750.jpg











花火と共に回りました。









回り始めたのにもビックリしたのですが何よりもビックリしたのは

しっかり足が固定されてるって事です。

そんなことを考えているとボスは爆発して死んでしまいました。
全てが終わって放心しているとスタッフロールが・・・・
やっと終わりました。長かった・・・・この苦行も今日で終わりです。
如何だったでしょうかリトルトウキョー殺人課。
レンタルビデオで見つけたら見てみるのもいいかもしれませんね。
お別れの前に最後に1つ気になったことがあります。




刺青ってお風呂に入ると落ちるのね。




それでは、さよなら。さよなら。さよなら~。

©Warner Home Video
スポンサーサイト
別窓 | 禁じられた遊戯 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<お久し振りです | You、CanだからDoしちゃいなよ!! | 死にそうだ・・・・>>
この記事のコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-12-21 Thu 22:43 | | #[ 編集] | top↑
復活おめでとうございます。とはいえ病み上がりなのでまだ無理をしないでくださいね。

さて、リロータウキョー(それっぽい発音で)は以前私も見ましたが、あらためてひどいなと。
ドルフ様の職業って警……え…?とか、殺人課って殺人事件を担当するんじゃなく殺人許可証が与えられるの?とか。
この辺はきっと「切り捨て御免」って事なんだと思えば納得…できませんねぇ。
2006-12-22 Fri 03:35 | URL | ドクピー #-[ 編集] | top↑
大丈夫?病み上がりは体力落ちてたりするから無理は禁物だよ?

にしても相変わらず勘違いした日本観全開ですな、ええ!
確かにあんな間違ったものを建設の人が造るはずがないな
セップクもそうだと思ったとか言ってんじゃねぇよw
回る~回ってく~(アイアイアー
2006-12-23 Sat 03:54 | URL | 兄者 #-[ 編集] | top↑
懐かしい~!「人間ルーレット」!(爆)
昔、テレビでやってましたよね、こういうの!
背中の刺青は本当に「落書き」(笑)
なるほど~、フロに入れる訳だ!
ものすごく、ドルフ様に乾杯!という気分です(笑)
いや、アルベルトさんにか・・・?

では、さよなら。さよなら。さよなら~(^^)/



2006-12-23 Sat 05:50 | URL | 砂肝 #-[ 編集] | top↑
ボスが爆発する様を想像したら腹が痛くなった
2006-12-26 Tue 12:28 | URL | 少佐 #-[ 編集] | top↑
>ドクピーさん
東京ではお世話になりました~。
私としてはリトルトウキョーが地上波でやっていた事に驚きです。
コレはお茶の間に流しちゃいけないでしょう。
きっと今地上波でやったらPTAから苦情が来ますね。
暴力的なシーンとかじゃなくて女体盛りで。

>お義兄様
この映画の勘違いはメーターを振り切っていていい感じですよね。
キルビルとはまた違う感じで勘違いしてます。
この映画の監督はどうにもアジアは全て日本と勘違いしてそうな演出も多々出てきて見ていて笑えます。
ただあれだけ勘違いしているくせに失敗すると小指を詰めると言う文化は正しく伝わっているようでした。

>砂肝さん
人間ルーレットは懐かしいですね~。
かく言う私も思い出してました(笑)
多少グロテスクだったりエロチックだったりしますが
面白い映画なので砂肝さんもぜひ見てみてください。
きっと見た後に『時間の無駄だった』と後悔する事請け合いです。

>少佐殿
奇遇ですね。私もお腹が痛いです。
お腹と言うより胃が痛いです。
2007-01-05 Fri 01:53 | URL | アルベルト #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| You、CanだからDoしちゃいなよ!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。