スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
一日に何回も更新できる人ってすごいよね
2006-10-26 Thu 05:14
コレはいつかのある所での出来事。
Fさんと言う男が先輩に誘われて
合コンなるものに行った時の話。
以前にも同じ様な事を書きましたがそれとは別の話です。
まぁ、別の話とは言っても




彼の散り様はいつも通りなんですが。




とりあえずFさんの生き様見てやってください。
それでは本編スタート。


某月某日、合コン開催から数日前。
Fさんはいつものように自室でマンガを読んでいました。
ゆっくりと過ぎる時間を有意義に過ごしていると
携帯が急にけたたましく鳴りました。
ディスプレイを見てみると先輩からの着信でした。



さて、と。無視するかな。



何か嫌な予感がした彼は電話を無視し
再びマンガを読み始めました。
しかしいつまで経っても携帯は鳴り止まない。
根負けしたFさんは仕方なく電話に出る事にしました。

F『・・・何スか?』
先輩『おぉ、元気だったか心の友よ!!』





F『お前が電話してくるまではご機嫌だったよ。』





先輩『そんなにつれない事言うなよ』
F『・・・で、用件は何だ?』
先輩『お前、女にモテたくないか・・・・?』

先輩の女癖の悪さには呆れますね。
って言うかコイツ、月に何回合コン行ってんだよ。
さすがのFさんも呆れ顔です。
それに彼は前回のあの仕打ちを昨日のように思い出すようです。
こんな思いをするくらいなら行かない方がマシですよね。
と言う事でFさんはせっかくのお誘いですが断る事にしました。

F『だ、騙されるものか!?前回俺がどんな目に・・・』
先輩『いいから聞け。落ち着いて聞け。』
F『言い残す事があるなら聞いておいてやる。』
先輩『いいのか?相手はピッチピチの女子大生だぞ?』





ピッチピチなんて単語、数年ぶりに聞きました。





相手がいくら女子大生だろうとFさんの決意は揺らぎません。
断ると言ったら断るんです。Fさんはそういう男なんです。
Fさんは目標に向けて頑張ってるんです。
それにFさんには心に決めてる人がいるんです。
他の女にうつつを抜かしている場合じゃないんです!!

F『せっかくのお誘いですが今回は』
先輩『チアリーダーもいるぞ。』






もう一度騙されてみようかな。






さすがのFさんも息抜きが必要だからね。
今回だけは特別に先輩に付き合ってあげる事にしたんだよ。
せっかく誘ってくれたのに無下に断るなんて出来ないよ。


仕方なく付き合ってやるんだからな!!


――時間は流れて合コン当日――






集合一時間前に集合場所にいるFさん。






しばらく携帯を弄っていると先輩と友人Mが現われた。
あぁ、今日のもう1人のメンバーってMなんだ。
コイツ、悪い奴じゃないんだよな。むしろ良い奴なんだよ。


頭は空っぽだけど。


ちなみにFさん、この日も当たり前のように寝てなかったので
気分のアップダウンが激しくてキモかったです。
先輩たちと思春期の男子学生みたいな話をしていると
相手の女の子たちが現われました。・・・えぇと、うん。




なかなかやるじゃないか。




と言う訳でさっそく飲み屋らしき場所に向かいました。
ちなみにFさんは一切お酒が飲めません。
人数が多い事もあって個室に通されました。
突然ですがここで本日のメンバー紹介。

先輩:完全無欠のイケメン。もの凄く偉そうだが憎めないキャラ。
M:頭は悪いが人は良い。でも頭は悪い。
Fさん:ブサイク、ウザイ、鬱病の三冠王。

対する相手側のメンバーはと言うと

Aさん:先輩の知り合い。ノリの良さそうな人。
Bさん:物腰の柔らかな人。
Cさん:チアリーダー。

部屋に通された一行はまずは思い思いの注文をする。
そこで先輩の携帯が鳴りいったん席を外した。
黙って待っているのもアレなので軽く会話をすることになった。
そうするとAさんから質問を投げかけられました。

『どんな女性がタイプなんですか?』

Fさんは戸惑いました。悩みました。
普段こんな事を尋ねられるなんてないので返答に困っていました。
寝不足で頭が回らないFさんは素直に答えました。

F『あ、あずさ・・・』



『Fさんには聞いてませんよ(微笑)』








なんだか人類とかどうでも良くなった。








Fさんが必死に答えてあげたのにその冷たさは何だよ!?
まぁいい。Fさんを見守る俺としては想定の範囲内だ。
よし、Mよ。ここでいい感じの答えを期待しているぞ。

『Mさんはどんな女性が好きなんですか?』
『そうですね。強いて言えば




AV女優でしょうか。









全米が震撼した。








ちょ、Mくん!?女性人が引いてるじゃないか!!
具体的な女優名は言わなくていいから
この微妙な雰囲気をどうにかしてくれないか?
Fさんはこう言う雰囲気が苦手なんだよ。
そうこうしていたら先輩が戻ってきたようだ。

先輩『さぁ、仕切りなおしだ。まずは自己紹介でもしようじゃないか』

先輩のこの一言で場の流れが一気に変わった。
さすが先輩、決める時は決めますね。
しかし先輩、何を考えたのか自己紹介の最後に
得意なモノマネをしろとか言い出した。
Fさんはモノマネのレパートリーが全く無いので困ってました。
しかし無常にもFさんの番が来てしまいました。

F『えぇとFです。自称17歳です。得意なモノマネは





試合中、格闘家を煽るブラジル人です。









空気が読めない。








ちょっと待ってよFさん。
さっきまであんなにいい雰囲気だったのに
一気に素敵な雰囲気になっちゃったじゃないか!!



これなら病院の待合室の方が活気付いてるよ。



飲み屋で何となくご飯を食べたあと一行はカラオケに向かいました。
部屋に入るなりMがワクワクしながら曲を選んでます。
Fさんはあまり歌が上手じゃないので傍観していました。
Mが意気揚々と番号を入力しています。
そしてマイクを手にこう叫びました。

M『俺の歌を聴けぇぇぇぇぇぇぇ!!』










お魚天国。






お前も空気が読めないんだな。




『さかな、さかな、さかな~、さかなを食べると~♪』







お前、生魚が食べれなかったよな。






『あたま、あたま、あたま~、頭が良くなる~♪』








お前に言われたくない。







Fさんが傍観を続けていると先輩が歌うように命令してきました。
仕方なく歌う事になったFさんは数少ない持ち歌を披露しました。
流れるイントロ。ディスプレイに映し出されるタイトル。



PROGRESSIVEおじいちゃん





『おじいちゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!』








Fさんの叫びが虚しく響きます。







・・・しばらく楽しく歌っていると
先輩とMとAさんとBさんがいません。
まさかと思い携帯を見ると

『お先に失礼するぜ。』

の文字が。
取り残されたFさんとCさん。
仕方ないのでカラオケ屋を出る事にした2人。
するとCさんが突然こう言いました。

『それじゃ、私、帰るんで。』
F『お、送りますよ。』
『結構です。』




結局そうなるのね。




独り取り残されたFさんは近くのコンビニへ立ち寄り
ミネラルウォーターを買いました。
そして渇いた喉を潤しました。が


なぜかその水はしょっぱかったそうです。


これでこの話は終わりです。
Fさんは今日も元気に生きているようです。



だからそんな目で俺を見ないで下さい。



スポンサーサイト
別窓 | 常軌を逸した日常 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<トランプマンは11月復活予定です。 | You、CanだからDoしちゃいなよ!! | リハビリテーション>>
この記事のコメント
 頭が空っぽでAV女優が好きなタイプのMさんにまで負けるFさんは一体・・・?
 まさか、ブサイク・ウザイ・鬱病の三冠王とはアルベルトさんのことではありませんわよね?
 まさか、町子の尊敬すべき方がチアリーダーごときにぐらついたりしませんわよね?
 ・・・・・・・・・そうですの?
 町子を騙していらしたのね(笑)。 
 素敵な文章で巧みに町子をおびき寄せておいて・・・。酷いわ(笑)。
 ハンサムで素敵な会話が出来て誰よりも魅力的な方だと思っていましたのに(笑)。

 持ち歌が誰も知らないような曲だなんて・・・。

 町子のコメントを見て下さいませ。騙されていたせいでストーカー並にしておりますでしょう。
 もう、知りませんわ。

 でも、また参ります(笑)。
2006-10-27 Fri 00:12 | URL | 町子 #-[ 編集] | top↑
あれ?トランプマンシリーズって
もう終わったんだっけか?
2006-10-27 Fri 11:38 | URL | いとう #ckN6djLw[ 編集] | top↑
どーも、人数合わせ要員です。
合コンって最初の飲み会の後にもカラオケやら更なるステージが待ってるものなんですよねぇ。
そして大抵ひとりはいるものなんですよ、後の都合が合わない娘が。
「ほら、人数合わないとさ…。じゃそういうことで」

私、何度も一面を繰り返してるんですが…
2006-10-27 Fri 21:53 | URL | ドクピー #-[ 編集] | top↑
>町子さん
私をFさんみたいなチンケな野郎と一緒にしないで下さい。
ただ1つ言っておきますがMは頭は空っぽですが
人当たりがもの凄く良いです。逆にFさんは人当たりは最悪です。
まぁ、Fさんとは違って私はハンサムで素敵な会話が出来て誰よりも魅力的な人間なんですけどね。
ちなみにPROGRESSIVEおじいちゃんはセックスマシンガンズの曲です。
>チアリーダーごときにぐらついたりしませんわよね?
じゃあ何にぐらつけばいいのでしょう?
またいつでもお越しくださいませ。

>いとうさん
トランプマンシリーズはまだ最終回をやっておりません。
わけあって休載中です。と言ってももうすぐ復活しますが。
それまでお待ち下さい。

>ドクピーさん
貴方は俺ですか?
私はステージ1はクリアできてもステージ2がクリアできないんですよね。
ステージ1は適当に話をあわせていればクリアできますが
ステージ2は曲選択を間違えると駄目ですね。
グーグルで検索したら攻略法が出てこないでしょうか?
ファミ通の攻略本みたいに詳しくなくていいんで
せめてステージ2をクリアできる攻略法を・・・
2006-10-28 Sat 01:36 | URL | アルベルト #-[ 編集] | top↑
アルベルトさん>
スイマセン
Vジャンプならありますが
『ラスボスは君の目で確かめろ』
とか書いてました
2006-10-28 Sat 14:50 | URL | #-[ 編集] | top↑
>あるてまさん
Vジャンプの常套手段ですね。
それにしてもVジャンプはあんなに頑なに最後まで攻略しないのでしょうか?
>『ラスボスは君の目で確かめろ』
ラスボスが見つかると良いですね。
2006-10-29 Sun 21:11 | URL | アルベルト #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| You、CanだからDoしちゃいなよ!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。