スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
鼻水の勢いが止まらない
2006-10-09 Mon 23:59
夢を見た。それはある夏の日のことだった・・・・

僕は彼女と放課後の教室に残っていた。
何をするでもなくただ時間とそよ風だけが流れる空間。
暖かい静寂が心地よく身に纏わり着く。
するとその静寂を劈く音が静かに鳴る。

僕の携帯だ。

携帯がメールの着信を知らせるが僕は無視を続ける。
見かねた彼女が携帯を見るよう促す。
携帯を手にディスプレイを見た僕は軽くため息をつく。

『誰から?』
『あぁ、迷惑メールだったよ。』
『そう・・・なんだ・・・・』
『笑っちゃうよね。貴方にピッタリの相手を紹介しますだって』
『本当にね。貴方と付き合う物好きなんて私しかいないのに』

真っ直ぐにこっちを見つめる彼女を見ていると
自分が恥ずかしくなってしまって目を背けてしまった。
僕は一つ大きく息をすると心を決めて彼女の方を向いた。
すると









彼女はトランプマンだった。













俺は夢も見てはいけないようです。













と言う訳で本日も始まりましたトランプマン ザ・マジック第12回。
泣いても笑っても今回と次回で終わってしまいます。
ですので自然とタイプする手にも力が入ります。
それでは本編スタート!!
 
 
 
 

と言う訳で今日も元気にスタートしました。
とは言っても先生とのお別れの時間は近付いてます。
でも私も先生も湿っぽいのが似合わないので
いつものペースでやって行きましょう。

20061009213659.jpg

少し見えにくいですが今日はグラス、ワイン、ハンカチを使います。
遂に先生とワインと言う黄金の組み合わせが解禁ですよ!!
想像してみてください。ワイングラスを持つ先生を。



その優雅さにはフランス人も嫉妬します。



20061009213708.jpg

先生はグラスにワインを注ぎ始めました。

この水道水を髣髴させる澄み具合

から推測するにきっとこのワインは高級な物に違いありません!!
すると何を考えているのかグラスから手を離しました。



20061009213714.jpg

う、浮いてる・・・・






今日の先生は本気だぜ・・・・






いきなり予想外な所から予想外な事をしでかした先生。
ソフトバンクも流石にコレは予想外だったでしょう。
もうすぐ最終回と言う事もあってか先生も力が入っているようです。

20061009213723.jpg

決めポーズもバッチリ決まって絶好調です。
次はハンカチとグラスを使ったマジックのようです。
ピンクのハンカチ1枚と青いハンカチ2枚を取り出しました。
先生は青いハンカチを結んでグラスの中に入れました。

20061009213732.jpg

こんどはピンクのハンカチを左手に握りました。
そして先生は右手でグラスに向かって力を送りました。

20061009213740.jpg

すると左手に入っているはずのハンカチは姿を消しました。
今日の先生は本当に予想外だ。
コメントをする以前に普通に見入ってしまう。
そんな風に感心していると先生は青いハンカチの端を持ち
勢いよくハンカチを引っ張りました。








20061009213749.jpg













不思議とダサい。












これで今日のガチンコマジックは終了です。
今日の先生はすごかったですね!!
最初からこのクオリティでやってくれれば



こんな所で私にネタにされる事なんて無かったのに。



さてそれでは次のコーナーに行きましょう。
次はお馴染みのみんなでマジックのコーナーです。

snapshot20060918225828.jpg

『みなさん、こんにちは~』

今日もお姉さんの挨拶から始まります。
お姉さんがいつものように進めて行きます。

snapshot20060918225828.jpg


『今日もトランプマンがみんなにマジックを見せてくれますよ』






ちょっと待て。






ものすごい違和感を私のアンテナがキャッチしましたよ。
たぶん、皆さんは『?』って感じだと思うので説明します。
今までお姉さんは始まる時に挨拶の後、必ず

『今日もトランプマンさんがマジックを見せてくれます』

と言っていました。何がおかしいのか?よく見てください。
呼び捨てなんですよ。先生を呼び捨てで呼んでるんです。





いつの間にそんな仲に・・・・





気を取り直して先に進めましょう。

20061009213807.jpg

今日はこの縦長に切り取った新聞紙を使います。
今日は日本の新聞紙ですね。まぁいいやそんな事。
これを素手でちぎり始めました。

20061009213817.jpg


ワイルドと言う先生の新たな一面が見つかりましたね。
ん?どうやらちぎり終わったようです。
先生は得意げな表情で新聞紙を広げました。








20061009213828.jpg

うわー、人の形になってるー。











snapshot20060806192858.jpg

マジックじゃねぇじゃねぇか!!











畜生!!畜生畜生!!
本来なら怒るべきなのに先生だから怒れないじゃねぇかよ!!
先生の笑顔を見ていると怒る気がなくなっちまうんだよ!!
落ち着け。落ち着くんだ俺。
たとえ友達の娘がこれを見て無邪気な笑顔で



『この程度なら私でもマジシャンになれるよ』



と言ったとしても怒っちゃ駄目だ。
それに○○ちゃん、そんな事を軽々しく口にしちゃ駄目だよ。
もし○○ちゃんがマジシャンだったら







お兄ちゃんは鋼の錬金術師だからね。







さてさて話を戻しまして次に準備するのは額縁とハンカチです。

20061009213839.jpg

コレと言って怪しい所は無い普通の額縁とハンカチです。
そしてこれを下図のように画鋲でとめていきます。

20061009213846.jpg

完成したものを取り出した紙袋の中に入れました。
袋の中には何の仕掛けもありません。普通の紙袋です。

20061009213905.jpg


そして先生はナイフを片手に・・・・










20061009213913.jpg刺す。
20061009215029.jpg刺す。
snapshot20061009214544.jpg刺す。
snapshot20061009214600.jpg刺す。









ナイフを持った途端このヒートアップっぷり。
よくもやってくれたなと、日ごろの恨み晴らさで置くべきかと
周りの空気を読まずに1人で大フィーバー。
辛い事があったのか何なのかは知りませんが









ぷよぷよフィーバーでもここまでフィーバー出来ません。









何回もナイフで紙袋を刺した後、何も無かったように
中から額縁を取り出しました。
案だけ突き刺したんだからハンカチはズタズタのはずです。
しかし中から出てきたのは新品同様のハンカチでした。

20061009213942.jpg

と言う訳で今日のトランプマン ザ・マジックはコレでお終いです。
次回は遂にグランドフィナーレです!!
ただ来週の月曜日は少し予定があって更新が遅れるかもしれません。
それでは次回更新でお会いしましょう。
さよなら、さよなら、さよなら~。
スポンサーサイト
別窓 | 期待の新連載始まる。 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
<<苦い思い出 | You、CanだからDoしちゃいなよ!! | これが若さか・・・・>>
この記事のコメント
アルベルトさんには彼女ができる夢すら見れなくてもトランプマンには彼女ができるこの現実…………
多分金ですよ金

とは言わない優しさ
2006-10-10 Tue 09:08 | URL | あるてま #-[ 編集] | top↑
突っ込みどころがワタシの考えと全て一緒でしたw
そうそう、そうなんです。これがトランプマン・クオリティ!!

2006-10-10 Tue 21:06 | URL | いとう #ckN6djLw[ 編集] | top↑
まあ、千切り人形?
 なんて微笑ましい一発芸なのかしら。
 と微笑んでいましたら、
 「刺す、刺す、刺す。」
 子供相手に恐ろしいマジックでございます。
 トランプマンの心境があまりに面白く変化するのに目が離せませんでした。

 嗚呼、トランプマンにもう少し早く出会いたかったですわ。

 
2006-10-10 Tue 23:26 | URL | 町子 #-[ 編集] | top↑
刺す。刺す。刺す。
「ボーイの奴、ばっくれやがって!」
そんな思いがあったりなかったり。
2006-10-11 Wed 05:50 | URL | ドクピー #-[ 編集] | top↑
>あるてまさん
個人的には先生はモテる要素満載だと思うんですが
その辺はどうお考えですか?
アルベルトさんに彼女が出来ない理由は単純明快ですよ。
性格も容姿も悪いですから、私。

>いとうさん
トランプマン ザ・マジックには明確なツッコミポイントがたくさん用意されてますからね(笑)
ツッコミ所満載でも見てると不思議と笑顔になれるのがトランプマンクオリティですよ!!

>町子さん
千切り人形は母親が子供に見せてあげるにはとてもいい物だと思います。
でもそれをテレビでやるのはちょっとねぇ(笑)
因みに刺すシーンですが画像だけ見るとけっこう恐ろしく写ってますが
アレは動画で見るとソフトタッチで刺していて
子供に恐怖を与えないように努力している様が窺えます。
ま、先生がナイフを持っている時点で怖いですが。
>嗚呼、トランプマンにもう少し早く出会いたかったですわ。
先生の全盛期は16年前ですけどね。

>ドクピーさん
>「ボーイの奴、ばっくれやがって!」
私の中ではボーイがクビって言うのが有力ですね。
先生がボーイの人気に嫉妬って言うのもアリかもしれませんね。
今は最終回でのボーイの復帰を切に願うだけです。
2006-10-13 Fri 02:53 | URL | アルベルト #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| You、CanだからDoしちゃいなよ!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。