スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
嗚呼、素晴らしき新世界。
2006-08-17 Thu 03:17
私の友人には少し変わったお姉さんがいます。
今日はその友人のお姉さんとファミコンをした時のお話をします。
尚、今回のお話は全て本人の許可を得てますのでご安心下さい。


びっくりするくらい長編になってしまいましたが


どうか最後までお楽しみください。

友人のお姉さんは少し変わった人で、
よく私と友人が遊んでいる所にやって来ては
知りたくも無い知識を私に植え付けて満足して帰って行きます。
彼女は私が友人とゲームをやっている最中に横に座って延々と



美少年同士の同性愛の素晴らしさを説き、



テレビでオリエンタルラジオが出ているたびに



『あいつらはネタをせずにイチャイチャしてれば良いのよ』と言い放ち



彼女の部屋の本棚に

「淫らな躰に酔わされて」

なんてタイトルの本を見つけた時には








この人も時代の被害者なんだなと思った。








そして、本人に『お前は一生結婚できそうにないね』と言ったら

『いいもん。私にはキラ君がいるもん!!』

と反論された時には驚きよりも呆れよりも何よりも先に







『この女はどこの病院から逃げ出してきたんだろう?』と言う疑念に襲われた。







そんな彼女が私が友人と遊んでいる時にこう言って来た。

『ねぇねぇ、ゲームで分からない所があるから教えて?』

別に断る理由がないので快諾し、彼女の部屋に招き入れられた。
『これが女の子の部屋かぁ・・・』とキョロキョロと部屋を見ていると
彼女がテレビ画面を指差す。そこに映し出されていたのは








悪夢の始まり

シャドウゲイト。










どうしてこの人はこんなにも
地雷を踏むのが上手いんだろう。












どうしてこのゲームが地雷なのかはコチラを参照してください。
見れないとか見るのが面倒臭い人のために私から軽く説明しましょう。
このゲームは主人公(プレイヤー)が『王家の血を引く勇者』と言う






小学生がシンナー吸ってても作れるキャラ設定をしていて






プレイヤーが指示をすれば



嬉々として己の胸に剣を突き立てる素直さを持つ男



となり、『シャドウゲート』と言う建物に住んでいる悪者を倒す。
と言うのが大体のストーリーです。しかしそんな事はどうでも良い。
このゲームの一番の見所は難しすぎる難易度と


何かある度に死んでしまう主人公の脆弱性にあると思います。


その死に様は優美にして華麗、見ようによっては非常にリリカルな物で
一部のマニアからは

『このゲームは死ぬ為にある』

とまで言われています。
きっと今は私の言っている事が分からないと思います。
どうしてそう言われているのかは追々分かってきます。
ではさっそくスタートしましょう!!

俺『で、どこが分からんのよ?』
『ここ↓』

予想だに出来ない出来事

友&俺『一番最初じゃねぇかよ!!』

『とりあえず色々やってみようよ』
『わかった~』

とりあえず見るからに怪しそうな本に手を伸ばそうとする友人姉。
その瞬間、足元の床がなくなり落とし穴へと落ちていく主人公。
落とし穴に落ちるとモンスターが沢山いたり
元の場所に戻るのが大変なんですよね。
とりあえず落ちた場所がどんな所か確認して対策を・・・








つらい時は僕を思い出してね

GAME OVER








人間様をナメてんのか!?








トンネルを抜ければそこは銀世界でした。くらいに思ってたのに
いきなりゲームオーバーかよ!!速すぎだろコレは!!
あ、そうだ。製作者はこのゲームを通して人生には危険が付き物だと
教えてくれているんだ。きっとそうに違いない。
何を試してもこの本は取れないと悟った私たちは先に進む事にした。

『けっこう順調だよね~』
『いやいや、さっきの事があるから油断は・・・』

もう駄目だ

ああっ、火が・・・。頼みの綱の火が消えてしまった。
暗い!見渡す限り真っ暗闇だ!
私は明かりを求めて手探りで移動しようとした。
ゴンッ!その途端足が滑り、壁に強烈に叩き付けられてしまった。








つらい時は僕を思い出してね

GAME OVER









ちょ、お前、たいまつの火が消えたからって死ぬ事はないだろ。
もういい大人なんだから取り敢えず落ち着け。
分かった分かった。たいまつを消さずに進めって事なんだな。
その後、サメに食われたりドラゴンに焼かれたりと
何度もゲームオーバーを繰り返しながらも何とか先に進んでいく。
そして、手持ちのアイテムを確認すると気付けば武器を持っていた。
しかし、このゲームには武器を装備するというコマンドがありません。

『これってやっぱり装備しないと使えないよね?』
俺『敵が出てきたときの事を考えて装備した方が良いだろ』
『装備コマンドがないから自分に向けて剣を使ってみたら?』
『分かった~』

信じられない光景

私は剣の刃を左胸に突いた。・・・ドクドク血が湧き出てくる!
ああ!なんて愚かなのだ!自分の命を自分で絶ってしまうとは!!








つらい時は僕を思い出してね

GAME OVER








お前、マントは自分に使えば装備できたのに剣は駄目ってどう言う事だよ?
愚かなのは主人公ではなくこんなゲームをやっている俺自身だよ!!
って言うか自殺かよ!!王家の勇者が聞いて呆れるわ!!
OKOK、もう敵が出たって知るもんか。突き進んでやる。
再びゲームオーバーを繰り返しながら少しずつ進めて行きました。


刑事が『捜査は足だ』と言うのが痛いほど身に沁みます。


私たちが辿り着いたのは棺が並ぶ不気味な部屋でした。
既にここまで来るのに疲弊し切って誰も喋る事はなかった。
棺から出てきたミイラの中から重要なアイテムを取って
その場を去ろうとするとスライムが出てきました。
でもまぁ、このゲームは怪しい物に関わると死ぬ法則があるので
ここは無視して先に進みましょう!!


とことんやる気が削がれます

あ・・・ああっ!
みるみるうちにスライムは私の体を飲み込んでしまった。
黄泉の国への切符を手に入れてしまった。
・・・痛みもかゆみも伴わずに・・・私の体は溶けてしまい、
緑のスライムになってしまった・・・








つらい時は僕を思い出してね

GAME OVER








思わず俺が病院への片道切符を手に入れちゃうとこだっt殺すぞ!!
何かもうストーリーを追って話していくのが面倒臭くなってきた。
だから、私の好きな主人公の死に様のみ紹介して行きます!!
ちなみにこのゲームはちゃんとクリアしました。死ぬかと思った。

~以下主人公の死に様特選集~

つらい時は僕を思い出してね

「ギャーッ!!」大声を上げながら飛び込んだ。
谷底に向かいながら私の目に映ったものは...!!
死神だ!私を捕らえようと待ち構えている。・・・
白い歯をちらつかせながら・・・

ちなみにこの台詞が出る前に主人公が
『俺をなめるなよ!』みたいなことを言ったあと身投げします。




足を滑らせて壁にブツかって死ぬ奴にそんな事言われたくない。




私は神を見ました

私は暗闇をはしご伝いに降りていった。はっ、はしごが無い!!
思わず足を踏み外してしまった。
暗闇に落下して死ぬ事は私の運命だったのかも知れない...

みなさん、よく考えてください。
足を滑らせてハシゴから落下と言う事は、
主人公は手放しでハシゴを降りている事になります。
さすがは勇者。



俺には彼が理解できない。



もう死ね

私は鼻をつまみ、油の中へ飛び込んだ。あづーっ!!
私は溶けてしまった。ああ!!私はゾンビにもなれないのか...




お前の存在を俺の頭から溶かして無かった事にしてしまいたい 。




それではスペースの都合で次を最後とする。
数ある死に様の中で俺が一番爆笑した物を紹介する。

最強のバカ

「うおーっ!!」私は叫び声をあげ、
炎の中へホップ・ステップ・ジャンプ...
かーるいす!!
私は燃え尽きてしまった。


そんなお前が大好き。


あの真ん中の『かーるいす』って言うのは誤植ではないので悪しからず。
多分作者は陸上選手のカール・ルイスと書きたかったに違いない。
って言うか火の海に飛び込むのにわざわざ三段跳びを使うあたり




王家の気高さが垣間見える。





シャドウゲイト、如何だったでしょうか?
みんなでこのゲームをクリアした時は凄く寂しい気持ちになりました。
正直、クリアした時は二度とやらないんだろうなと思ってましたが
画面をキャプチャするために


休日を無駄にした俺がいた。


スポンサーサイト
別窓 | 禁じられた遊戯 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
<<『目は口ほどに物を言う』って言うけど目から物は食えないよね。 | You、CanだからDoしちゃいなよ!! | 何か夏らしいよ?>>
この記事のコメント
いや、あの、何てコメントしたらよいか分からなくなるほどの作品ですねぇ…。
装備をするつもりが、自害ですか…。ワタシなら3秒で投げ出しますね。
2006-08-17 Thu 07:41 | URL | くろねこ #-[ 編集] | top↑
これかなりやってみたいっす♪

よく全クリできましたね~

すごい精神力です!
2006-08-17 Thu 17:44 | URL | CLS-zwei- #-[ 編集] | top↑
ってかちゃんとクリアしたんですねw

自由度高すぎww
2006-08-17 Thu 18:23 | URL | たけ #-[ 編集] | top↑
噂には聞いていたがこれ程とは…
というか今頃シャドウゲートというのははかりしれませんね
だって1989年って言ったら私と(カモーン)
2006-08-17 Thu 21:25 | URL | 少佐 #-[ 編集] | top↑
>くろねこさん
正直に言うと、本当に投げ出したかったのですが
皆でやっていると勢いでクリアできるのでオススメです。
ちなみにこのゲーム、ケムコアドベンチャー三部作と言って
同じ様なゲームがあと2本ほどあります。

>CLS-zwei-さん
このゲームの話をするとみんなやってみたいと言いますが
いざやってみると投げ出す人が大体です。
子のゲームは悟りを開くと凄く面白くなるので
そこまで我慢できるのなら暇つぶしにやってみるのも良いかもしれませんね。

>たけさん
クリアーしましたよ~。
画像キャプチャするのもあわせて短期間に2回ほど。
ゲームの自由度が高いと言うより死に方の自由度が高いですね。

>少佐殿
そう言えばこのゲーム89年製なんですね。
私は今年で17歳なので同級生なんですね。
友人の姉が何で今更シャドウゲイトなのかは分かりませんが、
彼女のチョイスはおかしい事は分かって頂けたと思います。
2006-08-19 Sat 00:58 | URL | アルベルト #-[ 編集] | top↑
始めまして モグリングというものです
ある場所から飛んで拝見させてもらいました

いやー シャドウゲイト・・・
まあ、これが有名なのですが是非とも他の2作品(ディジャブと悪魔の招待状)もオススメすればどうですかねえ?(ぇ
ちなみにワタクシ全部やっておりますが・・・まー サイトでも見ないとクリアできませんよTT
自称クソゲーマーとしては死ぬのに躊躇や恐怖どころが大爆笑を誘うこのゲーム 大好きですw(ゲームとしてはどうだろうかねえ)

っと 長々とクソゲーについて語りましたが また拝見させていただきます では
2006-08-20 Sun 02:35 | URL | モグリング #JalddpaA[ 編集] | top↑
このゲームはゲーム性云々ではなくこういったとんでもない死に方を楽しむためのものなのでは?
と錯覚した私が来ましたよ。

あと、友人様の姉上様には早く瘴気に戻っていただきたく思います(超失礼&誤字)。
2006-08-20 Sun 03:05 | URL | RX-0(仮) #-[ 編集] | top↑
>モグリングさん
改めましてはじめまして。ようこそお越しくださいました。
ケムコアドベンチャー三部作は一応全部クリアしましたよ。
ディジャブはゲーム開始早々に拳銃自殺できるのが素敵です。
まぁ、元々が洋ゲーなのであの難易度は仕方ないと思っています。
当時の洋ゲーは死ぬほど難しかったイメージがあります。
しかし、このゲームほど死ぬのが楽しみなゲームはありませんよね。
またいつでもお越し下さい。それでは、また。

>RX-0(仮)さん
いえいえ、ポジティブに考えればストーリーは王道と言って良いですし
燃える場面もあれば洒落の利いた場面もありますから
一概に死に方を楽しむとは言いたくないのですが
あの死に方を見てしまうとどうしてもゲームオーバーになりたくなってしまう自分が居ます。

ちなみに彼女は常に正気ですよ。行ってはいけない方向に真っ直ぐと。
2006-08-21 Mon 10:13 | URL | アルベルト #-[ 編集] | top↑
めいれい
>いのちをだいじに
2006-08-21 Mon 16:34 | URL | ナツキ #-[ 編集] | top↑
>ナツキさん
命を大事にするくらいでこのゲームがクリアできるのなら安いものですよ!!
せめてこのゲームにも体力と言う概念があればよかったんですけどね・・・
2006-08-21 Mon 20:37 | URL | アルベルト #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| You、CanだからDoしちゃいなよ!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。