スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
話は長くなりますが
2006-07-14 Fri 00:01
今日は少々長くなりますが暇なときにでもお付き合い下さい。

友達の家でプレステをしていると友達の携帯に電話がかかりました。
友達は案の定トイレにいた。

俺『電話鳴ってる』
『掛けなおすって言っといて』
俺『解った』

・・・・どっかで見たことがあるパターンだな?
今回は俺も学習していたのでちゃんと誰から電話がかかったか確認した。
電話の相手は共通の友達のG。安心して電話に出る。

俺『もしもし?○○だけど・・・』
『Kは居るか?』
俺『今、トイレ。何かあった?』
『Kの名前語ってナンパしてる奴がいるんだけど・・・』





俺の友達はどうにもネタに困らないようですね





『何でも1回デートしてくれれば何万円かお金をくれるとか』
俺『それって誰から聞いた?』
『俺の彼女の妹からだから信頼できるネタだぞ』

よりにもよってKの偽者は白昼堂々援助交際の相手を探してやがります。
これは許すまじ。



確実にサーチ&デストロイ!!見敵必殺である!!



俺たちは調査に調査を重ね苦労の末、友達の名前を語り
援助交際の相手を探し広島の街を徘徊する大馬鹿者を遂に見つけた。
しかも、




俺たちは奴の本名どころか住所、学歴、趣味、家族構成等の個人情報も抑えてある





俺は身震いしたよ。自分たちの執念に。





さっそく俺たちは奴を捕獲するため友達の彼女をおとりとして罠を張ることにした。
彼女にも俺達にも緊張が走る。俺たちの顔は真剣そのものだ。




とても国道をパンツ一丁で走る人とは思えない。




2時間程度経っただろうか・・・・彼女から友達に一通のメールが届く。

『ターゲット確認。ポイントに連れて行くから先回りヨロシク』





ハハハハ!!見ろ!!男なんてシャボン玉だ!!(狂喜)





ここで俺たち男性陣は二手に分かれた。片方は彼女の護衛。
奴が彼女を変な所に連れ込もうとしたら速攻で瞬殺出来るように武闘派で構成。
この人たちだけで



ちょっとした暴走族は潰せる自信あり。



そしてもう片方は友達の行きつけのバーに先回りし、
奴をハメる準備をする。俺はこちらに参加。ちなみに

こっちのメンバーも全員ガラが悪い

特に俺なんかパッと見たら薬物常用者に勘違いされるくらいだし(泣)
俺たちは着々と準備を進めていく。そんな時、彼女からメールが届く。

『もうすぐ到着。あと30分くらい』




カモがネギを背負ってやって来やがる・・・・クックックッ・・・・




出来ることなら穏便に。暴力に訴える事無く済ませたい。
しかし、ここは俺たちのホームグラウンド。
奴は完全孤立で危機感の足りない新兵だ。




障害までならもみ消す自信がある。




そんな覚悟を胸にしつつ、俺たちは目標の到着を待つことにする。
30分後、そして時は動き出す・・・・・・

30分経ち彼女(と彼女の護衛)が到着した。
俺たちはすぐさま護衛と合流。店の奥に陣取る。
彼女と目標から少し離れているが何かあればすぐ行ける距離だ。
俺たちは合図が送られてくるのを待っている。
すると向こうの方から

『止めて下さい!!』

合図キターーーーーーー!!彼女の声だ。
フフフ、スケベ心を出すからこうなるのだよ!!
俺たちはすぐさま駆けつける。

『お嬢さん!!どうしました!?』
『お前、親父の一人娘になんかあったら小指じゃ済まんぞゴルァ!!』
『お嬢さん泣かしてこの街で生きていけると思うなよ!!』


等等、ガラの悪い人で目標を囲んで↑のようなことを言っていた。
相手は状況が飲み込めずただただ混乱と混沌が頭を渦巻いていたに違いない!!
それにしても、






みんなちょっと似合いすぎ。






本物と並べてもこれなら判んないって!
特にSさんなんて絶対何人か殺してるし
そうしている内に彼女が一言発した。

『しかもこいつKの名前語ってるの!!』

トドメの合図だ。
俺たちは『お前、いい加減にしろよ』とか言いつつ目標を店の裏側に連れて行く。
この時すでに目標は半泣き。店の裏でそいつを囲っている。
一人がモデルガン片手に

『こいつヤっちゃいましょうよ?』

と言う。それを制止し、もっと他に方法はあると誰かが言う。
すると、みんなでニヤニヤしながら目標を見る。




全て台本通りだ。




みんなでニヤニヤしていると奴は突如泣きながら謝りだした。







生まれて初めて本気の土下座と言う物を見た。







もう二度とそう言う事はしないと約束した。奴の目は必死だ。
信用してもいいだろう。俺たちは奴を逃がした。
その後俺たちはバ-で祝勝パ-ティーを開いたとさ。おしまい。
と言うわけでこれといったオチは無し。俺は楽しかったけどね


この記事を書いていて思った事がひとつ。
調子が悪いときに文章を書くとあんまり面白くない。
次から気を付けよう。モチロンみんなも体調には気を付けよう!!
スポンサーサイト
別窓 | 常軌を逸した日常 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<ヨン様って懐かしいな、オイ。 | You、CanだからDoしちゃいなよ!! | ドキッ!!男だらけの酒池肉林!!>>
この記事のコメント
皆さんクオリティ高すぎです。
これはちょっとやそっとじゃ真似出来ませぬ。
2006-07-14 Fri 02:10 | URL | RX-0(仮) #-[ 編集] | top↑
ホント真似できねぇ
出来るのは相手のことを調べるぐらいで
あとは人任せです(おどしじゃねぇ純粋な暴力だ)
2006-07-14 Fri 06:17 | URL | あるてま #-[ 編集] | top↑
いや、あの…これでも十分おもろいんですが…
でも、なんか、絶対にまねできない(自分には迫力がないから)事象のレポを客観的に見るとおもろいです。
2006-07-14 Fri 07:34 | URL | くろねこ #-[ 編集] | top↑
もう三日も放置かよ・・・・orz
張り切って返信していきますです。

>RX-0(仮)さん
クオリティが高いと言うよりただ単に命知らずでバカなだけなんですけどね(笑)
マネもできないと言うよりマネできませんよ。
こんなシチュエーションなんてめったに直面できませんからね。
でも、もしこんなシチュエーションに直面したら参考にして下さい。

>あるてまさん
調べようと言う気概があるだけでも立派な戦士だと思います。
普通は泣き寝入りって言うのが多いと思いますので。
ところでおどしじゃねぇ純粋な暴力だって元ネタってありましたっけ?
どこかで聞いたような気がするんですけど思い出せません。

>くろねこさん
アリマックスのネタにしてもそうなんですが、
こう言うのを自分で書いていると何が面白いのか分からなくなるんですよ。
それにこれを書いた時は体調不良で頭も回ってませんでしたからね。
2006-07-17 Mon 08:27 | URL | アルベルト #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| You、CanだからDoしちゃいなよ!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。