スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
今日は映画を紹介します。
2007-06-06 Wed 16:12
どうも、アルベルトです。今日はね映画を紹介しようと思います。
リトルトウキョーやチーム・アメリカとは違ってお子様にもオススメな奴を。
この俺がファミリー映画を紹介するなんて世も末だぜ。
まぁ、俺も歳を取って丸くなったって訳だよ。そう言う俺は今年で17歳。
何か全部書き終えて読み返してみるといつも以上に暴走してて良い感じです。

 

 
 
 
 
と言う事で改めましてこん○○は。アルベルトです。
今日は久し振りの映画紹介と言う事で筆を執っている訳ですが、
皆さんってスパイ映画って聞くと何を思い浮かべますか?

史上最も有名なスパイである007シリーズ?
トム・クルーズの代名詞と言っても過言ではないミッション:インポッシブル?
Xゲームの要素を取り入れた娯楽大作トリプルX?
痛快かつ爽快。スパイ映画の新機軸を作ったスパイキッズ?

ハハハハ、どれも楽しい映画ですよね~。映画史に残る名作ばかりですよ。
何だか見たくなってきたからレンタルビデオで借りてこようかな?アハハ。














この素人が・・・・














スパイ映画と聞いて上記の4つのどれかが浮かんだ奴は正座な。
スパイキッズだと?アントニオ・バンデラス以外眼中に無いんじゃ!!
トリプルXだと?一般的には駄作認定されてるわ!!
ミッション・インポッシブルだと?視覚効果が派手なだけで中身が無いんじゃい!!
007に関しては特に言う事は無い!!
このミーハー共め!!けしからん!!全くもってけしからん!!
(ちなみにアルベルトは上記の映画は大好きです。)
通はなぁ、スパイ映画と聞いたらなぁ


『え?スパイ映画?そうだなぁ厳密には映画じゃないんだけど






ナジカ電撃作戦かなぁ。






くらいの益荒男さ、豪気さをまざまざと見せ付けて欲しい訳ですよ!!
まぁ、ナジカは



スパイとして活動しているシーンよりも
パンチラしてる時間の方が長いのですが。











ちなみにナジカは俺の嫁だから。










とまぁ色々と言って来ましたが本題に入りましょう。
私ね、ドルフ様を見て以来もう普通の俳優に興味が沸かなくなったんです。
だってあのドルフ様の存在感、カリスマ性、端正な顔立ち、そして



どの映画を見ても『This is ドルフ・ラングレン』な演技の幅の広さ。



どれを取ってもドルフ様に匹敵する俳優なんてそうはいません。
いや、ドルフ様を超える人間はいないと確信したと言っても過言ではない。
絶望に打ちひしがれた私は一つの映画と出会いました。
人知を超えた最高のスパイ&エンターテイメント映画。




その名も・・・・
















20070604161805.jpg

スパイモンキー
















出オチですが何か問題でも?
















だからドルフ様に匹敵する人間はいないって言ったでしょう?

だからサルにそれを求めたんです。

息を飲む様なアクション、愛くるしい表情、人間とサルとのふれあい。
え?ストーリー?聞きたい?ストーリーはね





アメリカ人が攫われた娘を助けるのにサルの力を借りる。










以上です。










ハッキリ言って今ので全部語り尽くした事になるのですが、
それではあまりにも不親切なのでちゃんと説明すると

チンパンジーのミンキーとその相棒マイク・マギンズは、「不可能なミッションはない」と言われるスパイコンビ。だが、ある事件をきっかけにコンビを解消してしまう。しかしそれから10年後、マイクの愛娘アメリアの誘拐事件が発生。かくして異色の“凄腕コンビ”は再会を果たし、奇跡的な救出劇を展開させていく。(関西.comより引用)

はい、色々とゴチャゴチャと書いてはありますが要約すると


アメリカ人が攫われた娘を助けるのにサルの力を借りる。


と言う事になりますね。いやぁ、実に単純明快。
では早速、本編の紹介に入りましょう。でもその前に注意点を一つ。
もしこの映画を見る機会があるのなら日本語吹き替えをオススメします。
と言うのも吹き替えの訳がかなり味があって面白いんですよ。
例えば

『クソッ、あのスーパーサイヤ人め!!』

とか

『腰フリならまだまだハードゲイには負けんよ。』

とか

『この世はラブ、ピース&バナナよ。』

とか

『チンパンジーは爆発だ。』

などのウィットに富んだ素敵な発言が多々飛び交います。
この翻訳家さんは天才なのか馬鹿なのか、本気なのかやっつけなのかは知りませんが
こう言う良い意味での頭の悪そうな翻訳は大好きです。
では本編に参りましょう。

snapshot20070604130450.jpg

時は1994年。場所は何処かの砂漠。険しい熱砂の中を1人の男が歩いていた。
他の物には目もくれず、ただひたすらに目的地を目指す背中は男気すら感じます。
そう、彼こそが新世代のヒーロー

snapshot20070604130519.jpg

ミンキー!!

何なんでしょうかこの言葉に出来ないカッコ良さ!!
カットが変わった瞬間、夕焼けが青空に変わった事なんて全然気になりません。
ミンキーはとある極秘任務を受けこの砂漠へとやってきました。
おや?ミンキーがおもむろに立ち止まり腕時計を見るではありませんか。

snapshot20070604130539.jpg

すると腕時計に地図が映し出されたではありませんか!!
こう言う秘密道具を見ると子供心を擽られてしまいますね。
俺もこう言う秘密道具が欲しいよ。腕時計から麻酔針が出るような奴とか。
目的地の確認をしたミンキーは再び歩き始めました。

snapshot20070604130604.jpg

ミンキーが向かっていたのはなんとテロリストのキャンプでした。
キャンプと聞くと藤岡弘、隊長を思い出すのですがそれはまた別の話。
ミンキーはキャンプの中の様子を確認するや否や潜入を開始しました。
あの移動スピードで見つからないミンキーがスゴイのか
はたまたテロリストが無能なのか知りませんが易々と潜入を許してしまいました。

snapshot20070604130642.jpg

するとミンキーはあるテントの屋根へと上り始めました。
これはね私、素直に感心しましたよ。
テントの屋根に上るなんてチンパンジーならではのアクションですからね。
で話を本筋に戻してミンキーは屋根の上から中の様子を窺います。

snapshot20070604130659.jpg

彼の名前はマイク。何を隠そうミンキーの相棒なのです。
ミンキーの今回の任務は捕まったマイクを救い出す事だったのです。
まぁ、私から言わせて貰えば




あっさり捕まってサルに救出に行かせる組織の先行きが不安なんですが。




しかしミンキーはそんじょそこらのチンパンジーと一緒にしないで下さい。
ミンキーはスパイとして訓練されたスペシャルなエージェントなのです。
エージェントですよ、エージェント!!


眠れない夜 この身を苛む煩悩
焦燥感 耐えられないなら
アンダーグラウンドのサービスを呼ぶの
どんな時も万全に応えられる
その名はエージェント
恋と欲望 もてあそぶ詐欺師



と言われ名高いあのエージェントですよ!!(←エージェント違い)
もうね、










潜入しねぇサルはただのサルだ。










あれ?どっかのスゲェ渋いお豚様と同じ様な事を言ってるような気がします。
とにかく話を進めますと、このテントの中に1人のテロリストが入ってきました。

snapshot20070604130943.jpg

snapshot20070604130849.jpg

このテロリストは横のミサイルを爆破させてさよならだと言ってます。
ん?あれ?今から尋問とかするんじゃねぇの?情報とか聞き出すんじゃねぇの?
と言う事で考えられる事を2パターンほど考えてみました。

1:テロリストの任務は既に完了しわざわざ情報を聞き出すまでも無い。
2:既に情報を吐いたあと。

前者の場合はそれはそれでかなりヤバイのですが、後者だった場合


ミンキーは救出ではなく裏切り者の始末に来たという事になり








この映画を見ているちびっ子に現実の厳しさを教える事となるでしょう。








上から様子を窺っていたミンキーですが遂に突入しました!!

snapshot20070604131044.jpg

snapshot20070604131052.jpg

そしてなんと見事、敵の上へと着地する事に成功しました!!
すげぇよミンキー!!やったねミンキー!!でもさぁ・・・・



この無計画さはドルフ様に通じる物があるよね。



snapshot20070604131225.jpg

これを見ていたテロリストの部下がミンキーを倒そうとします。
それに対してミンキーはナイフを取り出して応戦しようとします。
・・・・って、え?ちょ、ミンキー?ナイフって。
敵も同じ事を思ったのでしょう。ミンキーのナイフを見てニンマリ。
その瞬間












snapshot20070604131252.jpg

ちょwwwww刃が伸びたwwwwwwwww












なんてカッコいいんだ・・・・これは只者ではない・・・・
ま、まさかこれが噂に聞いた


48のテロ殺しの中で最も残酷と言われる
非常なるナイフか・・・・



とまぁD.M.Cネタはこのくらいにしておいて遂にミンキーの戦いが始まります。
手に汗握る攻防。正直、サルだからと思って舐めてたのですが見直しました。
見ろ!!この白熱の攻防戦を!!

snapshot20070604131312.jpg

snapshot20070604131327.jpg

snapshot20070604131342.jpg

鍔迫り合いになった所で戦いは一旦止まりお互いを睨み合います。
息の詰まる緊張の瞬間が続きます。
しかし、ミンキーの行動によってその均衡は破られる事となります。
この状況を打破する為にミンキーが取った行動、それは














snapshot20070604131439.jpg

ブッチュ~~。














まぁ、大胆。














全く微笑ましい光景だぜ・・・・ってちょっと待て。
キスか?この状況を乗り越えるのに必要なのは本当にキスなのか?
あ~、畜生。キスしてぇなぁ。
とまぁこの後も色々あってテロリストを倒しマイクと脱出を図ります。

snapshot20070604131602.jpg

スタコラサッサだぜ~。しかし、問屋がそうは卸しません。
異変に気付いたほかのテロリスト達が集まってきます。
訓練されたテロリスト達を相手にたった一人と一匹で立ち向かえるのだろうか?

snapshot20070604131611.jpg

『あっちだ。追え~。』












銃、撃てよ。












何だお前ら?手に持ってるのはオモチャか?
こう言う時は追いかける部隊とその場から逃がさない部隊に人員を分けて
相手を逃がさない様にするのがセオリーだと思ってました。
なんだかこのテロリスト達を見ていると





マリオに似ている某国の独裁者の結末も納得出来る様な気がします。





紆余曲折ありましたがなんとかミンキーとマイクは脱出。

snapshot20070604131656.jpg

そこでなんとマイクからミンキーに重要な話が明かされたのです。
マイクはスパイを引退しこれからは家族と平和に暮らすと言うのです。
これに対してミンキーは快諾。コンビは解散しミンキーも引退と言う事になります。
そして、マイクは保険屋に、ミンキーは


サーカスへと身売りされる事に。


ここで場面は切り替わり舞台は10年後のアメリカへと移ります。
マイクは妻は亡くしてしまいましたが娘と一緒に幸せに過ごしています。
しかもこの娘、いわゆる天才でこの度国際科学功労賞と言う大きな賞を貰うそうです。
まさに順風満帆のマイク一家。一方身売りされたミンキーは

snapshot20070604132110.jpg

相変わらずサーカスで自分の好きなように生活していました。
もうすぐサーカスで公演が始まるようです。ミンキーは身支度を始めます。
その頃テントの中ではサーカスの他のメンバーの紹介が始まっていました。

snapshot20070604132307.jpg

彼女は通称人間ボーリング。
滑り台の上から丸まって転がって降りてくる芸の持ち主だ。

snapshot20070604132345.jpg

彼は力持ちの人。名前は失念した。
一見一昔前の栄養ドリンクのCMに出てそうだが力自慢は必要不可欠だ。

snapshot20070604132423.jpg

彼は俺の一押し、名前はライトニング。
まるで倍速再生したような素早い動きがウリだ!!



ただ単に落ち着きが無いだけとも言える。



snapshot20070604132525.jpg

最後に彼はフライ。サーカスの花形、空中ブランコの達人です。
一通りメンバーの紹介が終わった時ミンキーはと言うと








snapshot20070604132552.jpg

snapshot20070604132558.jpg

空を飛んでました。








飛ばないサルはただのサルだと言わんばかりの飛行です。
空を飛んでいたミンキーも無事地上へ戻ってきてフライと一緒に空中ブランコです。
そして見事空中ブランコは成功。と思った矢先フライのブランコが壊れてしまいます。
落ちていくフライ!!このままでは危ないと思ったその時!!
ミンキーがさっきの様に空を舞いフライを無事救出しました。
これにサーカスの観客は大喝采!!公演は大成功を収めます。

snapshot20070604133016.jpg

写真は公演中、ブランコの決壊により危うく死にかけたフライさん(年齢不詳)と
そのフライさんを危機一髪助け出したミンキーちゃん(年齢不詳)。

そして話は再びマイク一家に戻り怒涛の超展開が繰り広げられるのです。
しかし、残念ながらここでは物語の全てをお話しする事は出来ません。
感動的なクライマックスは貴方の目でお確かめ下さい。
ちなみに余談ですがこの映画にベストキッドで一世を風靡した
あのミヤギさん役で有名な超名俳優さんが出演しています。
気になる方はチェックしてみるのも良いかもしれませんよ?
それではこの辺でさよならです。さよなら。さよなら。さよなら~。




(C)2003 Spy Chimp Productions Inc.
スポンサーサイト
別窓 | 常軌を逸した日常 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<メガネをかけたまま寝るってどんだけ疲れてんだよ。 | You、CanだからDoしちゃいなよ!! | しっかりしろよ。>>
この記事のコメント
ナジカよりaikaの方が好きだなぁ…っと、いやいや。
アウトフォクシーズのサルを思い出しましたよ。
バナナのために人を殺す。
2007-06-06 Wed 22:36 | URL | ドクピー #-[ 編集] | top↑
>ドクピーさん
アイカも好きなんですけどね。どっちかと言うとナジカの方がって感じで。
まぁ、ナジカにしてもアイカにしてもやってる事は相変わらずパンチラですけどね。
アウトフォクシーズでジョンを使ったら負けかなと思ってます。
って言うかドゥイーブってバナナのために人を殺すって設定だったのね・・・・
2007-06-12 Tue 18:34 | URL | アルベルト #-[ 編集] | top↑
>『クソッ、あのスーパーサイヤ人め!!』

この台詞だけでちょっと興味を引かれた私が来ましたよ。
2007-06-14 Thu 11:36 | URL | RX-0(仮) #-[ 編集] | top↑
>RX-(仮)さん
ホントにスーパーサイヤ人って言ってますよ。
他にも適当な日本語が飛び交いますので何も考えずに見るにはオススメですよ。
2007-06-25 Mon 18:55 | URL | アルベルト #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| You、CanだからDoしちゃいなよ!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。