スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ウッヒョー、鼻水が止まんねー!!
2007-05-27 Sun 14:59
最近のアルベルト ~ダイジェスト~

どうも、マイケル・スコフィールドです。また物語を聞きに来てくれたのですね。
実は飛行機が無人島に不時着してしまいまして困ってたんですよ。
兎に角、生き延びなければいけないということで探索始めたんですよ無人島の。
そうしたら何か変なシェルターの扉があったんで爆破して開けて見たら
中では少数決ゲームとか訳の分からないゲームをしてるじゃありませんか。
仕方ないから参加したんですよその少数決ゲームに。
そしたらね意外と余裕だったの、余裕。思わず鼻歌歌っちゃいましたよ。
I say(Hoo!)I say(Hoo!)谷間にダーリンダーリンフリー!って感じで。
そう言えばねこの前、免許の更新に行って来たんですよ。免許更新ね。
そしたら横の人がブツブツ言ってるから耳を澄ましてみたんです。
するとね横の人、ずっと『戸田恵梨香は俺の嫁』って言ってるんですよ。否、俺の嫁だから。
で免許更新から帰ってきて家で寛いでいたら部屋にハエが入ってきたんですよ。
俺、怒り心頭ですよ。怒髪、天を衝きましたよ。まさしくファ○キューアンダーイ。
仕方ないからね追い詰めて殺虫剤で退治してやったんですよ。キル、キルアンキル。
まさしくその所業は悪魔の如しですよ。でも私、悪魔でいいよ・・・・
コレが私の全力全開!!スターライトブレイカァァァァァァーーーー!!!!
またつまらぬ殺生をしてしまった。すまぬ!!すまぬ!!

と言う事でアルベルトの最近のマイブームや出来事を纏めてみました。
我ながらなかなかのカオス具合で安心しました。
と言う事でまたスゴイ間が空いてしまいましたが前回の続きを書きます。

 
 
 
 
~前回までのあらすじ~
前回までのプリズンブレイクは(ry


何故か最終日の朝を先輩の家で迎えることになった一向。
こう言う時に限って他よりも目が覚めてしまう私。
他の皆はまだ寝ているしわざわざ起こすのも忍びないので




先輩のサイフから1万円抜き出しコンビニへ。




何だかお腹も空いて来たしここは皆で食べられる物を買って帰ろうかしら?
でもなぁ、こう言う時くらい女性の手作りの料理食べたいしなぁ。
アレでもないコレでもないと店内を散策していると監視カメラが目に付いた。
ヨーロッパでは監視カメラの設置量を増やす事で犯罪率が低下したとか習ったなぁ。
あれ何の授業で習ったんだっけ?労務管理?経営学?経営管理だっけ?どうでもいいや。
何を買えば良いのか全く思い浮かばないので










取り敢えず監視カメラを監視する事に。














10分経過。特に変化は見られない。














開始より15分。飽きた。














何も買わないのに店内をウロウロするのはあまり気持ちの良い物ではない。
と言うかそろそろ店員の視線が痛い。突き刺さるようだ。
仕方ないので私は手に持ったその1万円で





グラビアアイドルのDVDを5枚買った。





我ながら良い買い物をした、とホクホクしながら先輩宅に帰った。
すると先輩が起きていて私が帰るや否やこっちに詰め寄ってきた。

先輩『お前、サイフの1万をどうした!?』
俺『まぁ、そう怒らないでくれ。』
先輩『流石の俺もこれは怒るぞ。』
俺『1万円の代わりと言ってはアレなんだがお土産があるぞ。』
先輩『何だよ全く・・・・(先輩、買い物袋の中を見る。)』







先輩『まぁ、今回は許してやるか。』
















20070527154106.jpg
















とは言っても流石にそれでは私の良心が痛むので一万円を返すことにした。

無論DVDはスタッフが美味しく頂きました。

そのやり取りのせいで他の人たちも次々に起きて来た。
先輩の彼女がいそいそと朝ご飯の支度を始めた。
朝ご飯はフレンチトーストとカフェオレと言うオシャレ飯だった。
全員がリビングに揃い合掌、いただきますと言おうとしたら友人姉が突然口を開いた。


友人姉『この中に一枚だけ私が適当に作った物がありま~す。








当たった人は気を付けてね☆













この女、何を入れやがったんだ・・・・












俺『もしもしお姉さん、何を入れたんだい?』
友人姉『それは秘密なんだZE!!』







『ちょっと待て!!俺のトーストから不可思議な臭いがするぞ!?何入れた?何入れたんだオイ?』











友人姉『やっちゃったZE☆テヘッ☆』












思わず俺がお前を殺っちゃいそうだZE。












私は最後まで食べる事を拒否していたが先輩の

『食べんと殺す』

と言う視線がとてつもなく痛かったのでカフェオレで無理矢理流し込む事にした。
食後はしばらく全員で音楽を聴きながら駄弁る事にした。
お昼が近付き先輩の提案で昼は外食する事になった。
先輩に連れられて来た店はどこかで見た事がある店だった。
いや、見間違う事は無い。俺はここに一度来た事がある。




先輩行きつけのメイド喫茶じゃないか!!




意気揚々とメイド喫茶へ入っていく駄目大人たち。
よくよく考えると俺って既に明度喫茶に行く事に抵抗がなくなってるのな。
店内に入り席へと案内されると先輩が小声で呟いた。

先輩『俺の知らない店員がいる。新人が入ったか・・・・』

先輩の発言を皆でスルーして各々が注文を決めていった。
連日連夜の強行スケジュールによって疲弊し切っていた駄目大人5人は
身体の疲れを癒す為にリフレクソロジーもお願いする事に。
先輩はリフレと言っているにも関わらず店員さんの手をモミモミしようとしている。
そして先輩のモミモミの標的は新人の店員さんの様だ。

先輩『いつもいつも仕事が大変だろう?』
店員『これが仕事ですから。』
先輩『俺の前では無理をしなくて良いんだ。どれ、俺が君の手を揉んでやろう。』
店員『いえ、お客様にそんな事をさせる訳には・・・・』





先輩『痛くしないから・・・・』











コイツ、いつか捕まるぞ。











このやり取りを見た瞬間、友人姉が先輩と私を交互に見ながら
不愉快な笑みを浮かべていたのを見ないフリをして黙々とご飯を食べる。
ご飯も食べ終わり良い感じの頃合になったので店を出た。
そして先輩に送られ広島に帰って来たと言う事です。
こうして私のゴールデンウィークは終わりを告げたのです。


~ゴールデンウィークの総括~
友人姉が良からぬ事を企てている様だ。
スポンサーサイト
別窓 | 常軌を逸した日常 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<しっかりしろよ。 | You、CanだからDoしちゃいなよ!! | 服を着て寝たはずなのに起きたら全裸になっている不思議。>>
この記事のコメント
マイブームが分かったり分かんなかったり
悪魔でいい子も今では魔王になったり大魔王になったり、最近は冥王になってるようですね
2007-06-05 Tue 00:20 | URL | 少佐 #-[ 編集] | top↑
>少佐殿
マイブームの答えを言っていくと

>どうも、マイケル・スコフィールドです。
プリズンブレイク

>また物語を聞きに来てくれたのですね。
シャイニングティアーズ クロス ウィンド

>実は飛行機が無人島に不時着してしまいまして困ってたんですよ。
>兎に角、生き延びなければいけないということで探索始めたんですよ無人島の。
>そうしたら何か変なシェルターの扉があったんで爆破して開けて見たら
ロスト

>少数決ゲームとか訳の分からないゲームをしてるじゃありませんか。
>仕方ないから参加したんですよその少数決ゲームに。
ライアーゲーム

>I say(Hoo!)I say(Hoo!)谷間にダーリンダーリンフリー!って感じで。
らき☆すた

>ファ○キューアンダーイ。
>キル、キルアンキル。
某デスメタルバンド

>でも私、悪魔でいいよ・・・・
>コレが私の全力全開!!スターライトブレイカァァァァァァーーーー!!!!
なのはさん

>すまぬ!!すまぬ!!
彼岸島

さて、いくつ分かったでしょうか?
なのはさんは着実にレベルアップしているので個人的には大好きですね。
2007-06-12 Tue 18:23 | URL | アルベルト #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| You、CanだからDoしちゃいなよ!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。