スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
寝言で『タッチ、死なないで。』と言ってたらしいよ。誰だよタッチって。
2007-05-09 Wed 18:05
どうもお久し振りです、アルベルトでございます。
皆様はゴールデンウィーク中はいかがお過ごしでしたか?
私?私はですね色々ありましたよ。
なので今日はゴールデンウィーク中の出来事を書こうと思います。
ちなみに今、マジ本気ガチで体調が悪いので文章が支離滅裂になると思います。
その辺は気にせず流し読みしてください。

 
 
 
と言う事で改めましてこんにちは。アルベルトさんです。
今年のゴールデンウィークは前半はそうでもありませんでしたが
後半に入って色々と大変な事になってました。
それでは順を追って物語を紐解いていきましょう。

それは5月4日の夕暮れ時だった。私は買い物に出かけていた。
取り敢えず必要な物を一通り買い揃え岐路に着いていた。
すると一台のオープンカーが私の前で停まった。
そのアニソンを爆音で流すオープンカーを見るや否や



必死に来た道を走って引き返す自分がいた。



しかし件の車は私の横にピッタリくっついて離れない。
何とか相手を引き離そうと策をめぐらせる。
幸いここは俺のホームグラウンドだ。大阪で現を抜かしている奴とは違うのだよ!!
私は急速旋回し車の通れない細道へと駆け込む。車は流石に追いかけてこない。
ここを抜ければもう少しで自宅だ。逃げ延びた。俺は勝ったんだ!!俺は自由だ!!
胸をホッと撫で下ろしゆっくりと歩きながら細道から出ようとしたその瞬間、
ブッ千切ったはずの車が目の前に停まっている。
車の運転手はサングラスを外しながらこう言った。





先輩『言っただろ。お前は俺の手の中で踊ってるんだってな。』









一体何者なんだコイツは?









これがドラゴンクエスト4だったらあと15回逃げて
あの裏技を使ってこのバカ野郎を闇へと葬り去ってやるのに。
でも、待て。ちょっと考えてみたら




俺がコイツから逃げた回数って16回じゃ済まない事に気付き『これからもずっとコイツの言いなりなのか』と軽く絶望する事に。












もう、コイツ、殺すしかないかぁ。












捕まってしまったものは仕方ないので用件を聞くことにする。
しかし珍しく先輩の喋りの歯切れが悪い。
いくら用件を問いただしても先輩はモジモジしていて答えない。




何だ?五月病で脳までイカレたのか?




そんな事を考えていると先輩がゆっくりと口を開いた。

先輩『なぁ、アルベルト。遊ぼうぜ。』
俺『今は忙しい。』
先輩『どうしても駄目か?』
俺『どうしても駄目だな。』
先輩『しかたない、か・・・・』

――パチンッ

先輩が指を鳴らす。私はその時、一体何が起きたのか分からなかった。
私は息を呑み、あたりの気配を探りながら立っていた。
すると、後ろからそっと優しく手を握られた。
何者だ!?すぐさま振り返るとそこには綺麗な女性が立っていた。
体育祭のフォークダンスですら女性と手を繋ぐ事が出来なかった私には
あまりにも唐突な出来事で茫然自失してしまった。
全くと言って良いほど思考が回っていないのに一つだけハッキリとしていた事があった。










この手はしばらく洗えないな。










ボーっと相手の顔を眺めていると女性が笑顔で話しかけてきた。

女性『ねぇ、○○君(←アルベルトの本名)?』
俺『な、何でありましょうか!?』
女性『何で先輩の言う事を聞かないの?』
俺『自分にも色々と都合があるであります!!』
女性『もうワガママねぇ。』

だ、騙されるな!!騙されるんじゃないアルベルトよ!!
動揺したら相手の思う壺だぞ!!クール・アズ・アイスだ!!
何かこれと同じ事が以前あった気がするが気にするんじゃない!!
円周率を思い出せ。数字の羅列を思い出して心を落ち着かせるんだ。
夢を見るな希望を持つな。今は家に帰ることだけ考えろ。

女性『ねぇ・・・・






お姉さんと一緒にイイ事しに行こ?













すぐに行きましょうか。













――5月4日、夜。岡山の先輩の彼女の家。――









母さん、僕は何でこんな所でときメモをやっているんでしょう?






何だよコレ!?俺は素敵な女性に誘われてイイ事しにわざわざやって来たのに


蓋を開ければ現実はコレかよ!!


寂しい青春時代を過ごした俺もコレで甘酸っぱい青春を取り戻せるねってお前


甘酸っぱすぎて今にも涙が溢れそうだよ!!


そしてあの素敵な女性が先輩の恋人の一人だったと知り


ときメモをする事でしか自我を保てなくなる。


事の始まりは先輩が暇つぶしにときメモ1~3を大人買いした事に始まる。
(ときメモって何?って言う人はコチラへ)
ときメモを買った先輩は恋人と一緒にやろうと岡山へ。
ただ二人でやるのは楽しく無いと言うことで大阪からN田さん、広島から私、
そしてもう1人広島から腐女子で有名な友人姉を急遽招集し




ときメモ界のフラットスリーが結成される。




この三人に加え先輩と先輩の彼女の計5人で不眠不休でときメモをすることに。
ここでメンバーのスペック紹介。

先輩:普通にゲームはやる程度。有名タイトルは一通りプレイ。
彼女:やった事はあまり無いが兄弟がやっているのをよく見るらしい。
N田さん:ゲームは殆どやらないが物覚えの良さと作業効率に定評アリ。
友人姉:ヘビーゲーマーであり、PCエンジン版のときメモを持っている愛すべきバカ。
アルベルト:全盛期なら日本代表入り出来たであろうときメモプレイヤー。

ちょっと下二人がアヴァンギャルド過ぎる気がしますが
なかなかに期待できそうな面構えです。
と言う訳でテレビ2台を使ってときメモ1、2を同時にプレイ開始。
先輩とN田さんはときメモをやった事が無いと言うことなので
まずは友人姉と私の二人で説明しながらプレイする事に。
(先輩の彼女は晩御飯を作るために退出。)
しかし流石は選ばれし者たち、覚えが速い速い。
N田さんは単調な作業が好きらしくどんどんゲームの効率の良いやり方を覚えていくし
先輩に至っては




『ゲームだろうがなんだろうが関係ない。そこに女性がいる限り俺は本気を出す。』




と高らかに宣言し









コントローラーを握った瞬間、彼の目は平成を生きるラストサムライの目となった。









一通りプレイの仕方を教えてゲームに慣れてもらうまでしばらく先輩とN田さんを放置。
友人姉と私は後ろで晩御飯を頂く事にした。
こうして後ろから見ているとプレイの仕方に性格が出るんだなぁと言うのが分かる。
先輩は全ての文章を丹念に一字一句読んでいたのに対して
N田さんはメッセージは全飛ばしで作業のみを淡々とやっていた。
そうなると必然的にクリアに必要な時間が変わってくると言う事になる。
先輩が1人クリアする間にN田さんは3人クリアするという離れ業を繰り出した。
深夜3時を越えた辺りで先輩とN田さんがダウン。
そして遂に友人姉とアルベルトの下にコントローラーが渡って来た。
しばらく黙々とゲームをしていると隣の部屋の友人姉が話し掛けてきた。

友人姉『アルベルトはコレのミニゲームの成績ってどれ位だった?』
俺『詳しくは覚えてないけど大体アレくらい。』
友人姉『あ、私の勝ちだわ。』

ムカついた私は友人姉の所に行きコントローラーを奪い取り無言でミニゲームを開始した。
その結果、見事に友人姉の成績を塗り替える事に成功した。
勝ち誇った顔で自分の持ち場に帰り続きをプレイする事に。
しばらくすると友人姉が私を呼ぶので友人姉の所へ行った。
そこで友人姉が勝ち誇った顔でこっちを見ていた。
するとなんと先ほど樹立した私の記録が抜かれているではありませんか。







20070509202946.jpg

何故か勝ち誇る友人姉。








death_001.jpg

普通に悔しがる俺。








これから朝までずっとミニゲームの成績を競う事になる。
最終的には友人姉と協力し限界までやりこんだとさ。こうして1日目の夜が終わった。


To Be Continued...
スポンサーサイト
別窓 | 常軌を逸した日常 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
<<服を着て寝たはずなのに起きたら全裸になっている不思議。 | You、CanだからDoしちゃいなよ!! | よく無○正とかモ○イク消しとか言うけどモザ○クがあった方がイマジネーションが沸くよね。>>
この記事のコメント
ときメモは有野課長がプレイしてるのしか見た事が無い俺でした
アルベルトさんは誰が本命で?
2007-05-12 Sat 22:41 | URL | 少佐 #-[ 編集] | top↑
ときメモより初恋物語のほうが…とまぁ、それは良いとして。
暇つぶしが本来の目的ならミニゲームにはまるのも有りでしょう。
亀が取れなかったりとか、スピードの向こう側を垣間見たりとか。
2007-05-13 Sun 08:56 | URL | ドクピー #-[ 編集] | top↑
自分ときメモは全く未プレイなのではっきり覚えてませんが、
はらさくのしん
てサブキャラがいるようで。
昔、その名前の略の『さくしん』てあだ名つけられたんですね(´ω`)

いまでも一部から呼ばれてますwww
2007-05-14 Mon 01:25 | URL | たっくん #-[ 編集] | top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-05-17 Thu 01:04 | | #[ 編集] | top↑
>少佐殿
やった事がないなら一つの経験としてやってみると良いですよ。
ビックリするくらい作業ゲーですから。
本命ですか?そうですね。1なら虹野清川あたり2なら光九段下辺りで。
3はシステムを楽しむゲームです。

>ドクピーさん
私もときメモと言うよりむしろエタメロや悠久の方が好きだったり。
実は私は縁日系のミニゲームが苦手でして金魚すくいもままならないです。
ハッキリ言って型抜きなんて地獄ですよ地獄。
でもその代わりにシューティングは結構得意でしたよ。
どうにも私はコナミのシューティングと相性が良いようです。

>たっくんさん
原咲之進って誰だよって思ったら2の伊集院の所の執事ですね。
名前は正確には三原咲之進でした。
条件を満たせば彼からも告白されるんだぜ。アッー!!
しかし何でさくしんなんてあだ名にされたんでしょう?
2007-05-19 Sat 21:38 | URL | アルベルト #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| You、CanだからDoしちゃいなよ!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。