スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
今日は肩の力を抜いて
2006-05-30 Tue 23:59
街中で後輩の家族に拉致されて半ば無理やり昼ごはんを戴くことになりました。
聞いた話によると今日のお昼は豪勢になる御様子。
迷惑になるかなと思い丁重にお断りしたのですが無理やり連れて行かれました。
こうなれば開き直って


突撃!隣の昼ごはん!!


でもやってこようと思ったわけで。
そして、場面は変わり後輩の家に到着。
今回で二度目だったのでそれほど緊張する事無くご飯が出来るのを待つ。


15分後


ご飯が出来たようだ。後輩の部屋までご飯を持ってきてくれた。
メニューはカレーライス。なかなか良さそうな感じだ。
実際美味かったがな。そこで、おばさんは言う。

『おかずもありますから少し待っててくださいね』

カレーにおかずか・・・・一体なんだろう?
そう思い少しワクワクしながら待っていた。
すると、すぐにおかずが到着した。
おかずとして渡された物を見て俺は驚愕した。


おかずってサンドイッチのことですか?




そう、あの某伯爵がお作りになられたあれがおかずとして、







よりにもよってカレーのお供として








渡された。俺は呆然としたね。
だってサンドイッチだぜ?サンドイッチは主食じゃないの?
間違ってもおかずじゃないよね?
俺、サンドイッチをまじまじと観察。なんと新事実発覚。



挟んである物がフルーツ(混乱)



母さん、俺どうしたら良いんでしょうか・・・・・
スポンサーサイト
別窓 | 常軌を逸した日常 | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
結構前の出来事ですが
2006-05-30 Tue 00:51
結構前の話なんだが俺は友達の家にいた。
すると友達の家に電話がかかった。
何故か受話器を俺に渡す友達。
意味も解らず受け取る俺。 すると受話器の向こうの人間がこう囁く。




『父さん、俺、人轢いちゃったよ~(泣)』




これって、もしかして・・・・
オレオレですか?オレオレ詐欺ですか?
俺、友達の方を見る。




友達からのゴーサイン。




大佐、私、突貫してきます。
出来るだけ完璧に父親を演じきることに集中。
こういう時に限って俺には神が降りるようだ。
咄嗟に

『落ち着け!いいから落ち着け!冷静に詳しく教えるんだ』

と言っていた自分に感動。
話を聞くと何でもオレの友達が先ほど人身事故を起こしたとか。



俺の友達は運転免許を持ってませんが何か?



オーケイ、オーケイ。落ち着こうぜ俺。
まぁ、無免で事故という可能性だってあるかも知れない。
だがしかし、俺たちはさっきからずっと一緒にいる。





事故が起きた時間に俺の隣でマンガを読んで爆笑していたのはどこの誰だ?




そういうことを考えていると電話が切れた。
やっぱあれなのか?弁護士を名乗る人から電話がかかるのだろうか?



・・・・プルルル(電話の音)

・・・ガチャ(受話器取る)




『○○弁護士事務所の・・・・・』




案の定かかって来た。
俺はこの瞬間を待っていた!!

話を要約すると向こうは

『お金を払えば警察のお世話にならないで済むからお金を払ってね』

と言う事をひたすらアピール。他にも法律のこととか色々言われた。
ところが俺には法律とかサッパリだが、だが生憎と



俺の友達は法律家のタマゴだ。





勝機、見えたり(笑)





そう言った法律トークをのらりくらりとかわしていると向こうは

『お宅の息子さん、警察沙汰になっても知りませんよ?いいんですか?』

と言ってきた。
そろそろ潮時かな?そう思った俺はフィニッシュに向かうことにした。

『さっきから息子と言っていますがウチには息子が三人ほどいまして・・・・』
『・・・え?(驚愕)・・・あぁ、真ん中の息子さんです』


『真ん中のは山奥の全寮制の高校に行っていて




その時間は山奥で部活をしているはずですが・・・




『・・・・実は、学校を抜け出してやってしまったようで・・・・』

『今度の大会でレギュラーに選ばれたってうれしそうに電話してきた奴がそんなことするとは思えません。』

『・・・・』

やった。俺、完全勝利目前!!俺には聞こえるよ。
『謀ったな、シャア!』って言う心の叫びが俺には聞こえる。






悲しいけど、これ、戦争なのよね。






『私の方から息子に確認をとった後、本当に事故が起きていたら息子を警さ・・・・』

・・・ガチャ!ツー、ツー(電話切れる)

これは俺たちの勝ちと言う事でいいよね?いいよね?


別窓 | 常軌を逸した日常 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
ずっと考えていた事
2006-05-29 Mon 00:17









宮里藍












高橋名人










似ている・・・・・

別窓 | 常軌を逸した日常 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
困惑
2006-05-27 Sat 21:54
友達の家に行くと、友達が


『クールビズ!!』


と叫びながら






玄関で全裸になっていた。







神様は残酷だ。



別窓 | 常軌を逸した日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
暴走!!音楽紹介!!
2006-05-26 Fri 00:43
今日は私の大好きなバンドの楽曲を紹介いたします。
今日ご紹介するバンドはこちら、NinjaMagicです!!


バンド名からして素敵でしょ(爆笑)


公式サイトはこちら
代表曲The Way of Lifeの試聴はこちら。歌詞はこちら
代表曲The Way of Lifeのプロモーションビデオはこちら

今日は普通に紹介しても仕方ないので、
彼らのプロモーションビデオのレヴューをしようと思います。
画像にポインタを合わせると一言コメントが出ますのでそちらもお楽しみに。
まずは上記した場所からプロモをダウンロードして下さい。
再生するとこんな始まり方をしますね。

タイトル


期待が持てる始まり方です。上々です。
少し進むとこう出てきます。


イントロ




何々?この文章は簡単に訳しますと
『我が息子よ。この戦乱の世、
生き残る為には学ばねばならぬ事がある。
そう、忍の道を・・・・』

みたいな意味になります。



この時点でB級臭さ全開です。



ここからはちょっと画像を縮小していきますね。
さて、早速ニンジャマジックの皆さんのお姿を拝見しましょう!!






楽しそう











うわ~・・・・・やっちゃった・・・・・










まだ大丈夫。俺はまだやれる。
見てお分かり頂けますようにかなりハジけたビデオになっております。
スノーモービルでソリ引っ張ったり、雪原でヌンチャク振り回したり、
家の屋根からジャンプキックしたり、雪に埋もれてたり

忍びの本家の日本人には想像できないくらいアヴァンギャルドなニンジャっぷり

をいかんなく発揮しています。
ここまでくれば皆さんももう彼らの虜になった事でしょう。
それではしばしご歓談下さい。




忍んでない



ふ、吹き矢ッ!?



何故かカメラ目線



何やってんだか





もう誰にも彼らを止められない(爆笑)




そして悪夢のような素敵なひと時は幕を閉じようとしています。
さぁ、皆で最後の決めポーズをやりましょう!!



超楽しそう






どうか彼らが無事、CDデビューしますように





最後に日本語訳が欲しいという方のために
『続きを読む』をクリックして頂くと
私が歌詞を日本語訳をした物を読めるようにしておきます。
お楽しみ下さい
暴走!!音楽紹介!!の続きを読む
別窓 | 聴くに堪えない音楽話 | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
タイトルを考えるのが一番大変
2006-05-24 Wed 19:34
今回は俺の友人のバカップルの話をしようと思う。
バカップルの男の方が少し前から入院をしていたのだが、
少ししてめでたく退院する事になった。

・・・・プルル(俺の携帯が鳴る)

・・・・ピッ(電話に出る)


『・・・・・もしもし、○○君?』


バカップルの彼女の方だ。
普段は絶対に電話してこないのになぁ。
何か用事でもあるんだろうか?
まぁ、用事だろうが何だろうが一つだけ言えることがある。



絶対にろくな事がねぇ!!(断言)



『もしもし、○○君?聞こえてる?』
『すまん、電波がわるk』

ピッ(俺、電話切る)

・・・・プルル(俺の携帯が鳴る)

・・・・ピッ(電話に出る)

『もしもし、○○君?』
『だから電波が・・・・・』
『私の友達に○○君の事が好きな子がいるんだけど』
『え、マジで!?』


『その調子じゃバッチリ聞こえてるね(怒)』




そちらもバッチリ聞こえているようですね(汗)




『実は折り入って話があるんだけど・・・・』
『俺のことを好きと言っている子を紹介してくれるのか?』


『安心して。○○君の事が好きな人なんて絶対いないから』




夢も希望も一刀両断です。





『で、ちょっと話があるんだけど・・・・』
『あんまり聞きたくないんだけど』
『今日って時間あるよね?どうせ用事なんか無いだろうし』




俺の選択権も無いようです。




『彼、入院してたんだけど今日で退院するの』
『それで?』
『でね、彼が○○に迎えに来させようって』
『そこで俺を出すな』
『どうしても駄目?』
『駄目』
『なんで迎えに来てくれないの?(怒)』




アレ?俺、怒られてる?




一つ言っておくと、
さっきから入院とか退院と言う単語が飛び交っているが
俺、今の今までそんなこと一つも知らなかったんだけど。
なんか彼女に逆ギレされているけど、
どっちかと言うとこんなに筋が通っていない事を突きつけられてる
俺が怒りに震えたいんだけど。

って言うかね彼氏が退院とか言ってるけど




彼氏の頭の悪さは一つも治ってないね。




そんな事を考えながらも一つも口に出さない自分が可愛い。
もし彼らを甘やかして今回は迎えに行ったとすると、
間違い無く俺は近い将来確実に



後部座席で彼らがイチャつく私設ラブワゴンの運転手にされてしまう



それだけは避けたい。絶対に避けたい。
そこで俺は抵抗を計ってみる。

『いや、俺はちょっと用事があって・・・・』
『私にウソは通用しないよ!!』



一刀両断かよ、オイ・・・・



『いや、だから・・・』
『どうやって私たちに帰れって言うのよ!?』


もう一回救急車に乗ればいいと思います。






ついでにもう1回入院して彼氏の頭を治してもらって下さい






『どうして迎えに来てくれないの・・・・・・(泣)』
『あぅ、いや・・・その・・・(←女性に泣かれるのに弱い)』
『お願いだよぉ・・・・』





だ、騙されるな!!騙されるんじゃない、俺!!





こいつらは俺を利用しようとしてるんだぞ!自分をシッカリ持つんだ。まずは深呼吸だ。落ち着け・・・・落ち着くんだ。
もう一度言うぞ。俺よ、良く聞くんだ。騙されるな。
奴らは俺を利用しようとしている!!


『もし来てくれたら・・・・・』
『・・・・・』


『○○君の言う事、聞いてあげる・・・・・・』





ちょっと騙されてみようかな。





この日たまたま車が使えた俺は仕方なく彼らを病院まで迎えに行く事にした。
俺も男だ。女性にそこまで言われては行くしかなかろう。
こう言う事を頼まれてるって言うのはやっぱり信頼されてるって事だしな。


ブウゥゥゥゥン(軽快に車を走らせる)

キキッ(←ブレーキ)


『よぉ、ご苦労。』




もう100回ほど入院して来い(怒)




なんで俺はこんな奴の迎えなんてしなくちゃいけないんだ?
折角の休日をなんでこいつのために使わなくちゃいけないんだ?

(○○君の言う事、聞いてあげる・・・・・・)




原因は俺の下心のようです。




俺は後部座席でイチャつく彼らを無事に家まで送り届けた。
最後までイチャついていた彼らは俺に対する感謝は無かったが
俺の逆鱗に触れる事はこれと言ってしなかったので、
俺は彼らを降ろして帰路についた。
帰りに中古CD屋でミッドタウンの1stアルバムと
フーバスタンクの2ndアルバムが共に700円程度で売っていたので即購入した。
いやぁ、儲けた儲けた。



・・・・・あれ?
タイトルを考えるのが一番大変の続きを読む
別窓 | 常軌を逸した日常 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
ちょっとした日常
2006-05-24 Wed 00:04
今日は俺が殺し屋に命を狙われた話しをしようと思う。
正確には『友達の妹のストーカー』に命を狙われたわけで、
この話は実際に起きた話だということをご理解して欲しい。

少し前に広島市で友達の妹に出会った。
まぁ、その人とは面識があるから少し雑談をしたわけだ。
それから3日後に俺の携帯に電話がかかった。内容は





『お前、○○ちゃんから手を引かないと殺すぞ』











母さん、俺、いつの間にかブッ殺すリストに載ってます(汗)











今だから、こんな風に冗談っぽく言っているが
事件が起きた当初は怖くて外に出られなかったくらい怖かった。
しかし、こっちもタダでは死なないぞ、
と某テキストサイトの某事件簿を穴が空くまで読み、
仲間を募り完全な対策まで練った。準備は出来た。決戦だ!!

一応、友達の妹に心当たりはあるか訊いてみた。すると、




『○○くんって人がニヤニヤ笑いながらずっとこっち見てるの』







デカ長、容疑者を捕捉しました!!







正体が解ればこっちのもんだ。そう確信した俺は奴からの電話を待った。
すると案の定、奴から電話が掛かってきた。




うふふ、素直って素敵ね





静かに鳴る電話を手にし通話ボタンを押す。

『もしもし、俺だが』
『もしもし!?もう○○ちゃんから手を引いたんだろうな!?』
『寝言は寝て言え』
『俺は本気だぞ!!絶対殺すからな!!』
『ちょっと待て。話し合おう。そもそも何故に俺が殺されなきゃならんのだ』
『お前が俺達の幸せの邪魔をするからだ!!』
『ちょっと待て。そんな理由で俺の人生は終わるのか?』


『当たり前だ!!』






誰かこのバカを止めて(泣)






『お前、俺に喧嘩売ってタダで済むと思ってんのか?』
『な、何だよ?』
『まぁ、今に見てろ』

そう言って電話を切ると俺は友達に連絡をした。
これで一安心だろう。奴に任せておけば万事上手く行く。
案の定、数日後奴からお詫びの電話が来た。
俺は快く奴を許すことにした。何故なら、



正体が解ったらそれほど怖くなくなったのと





正直めんどくさかったからだ(本音)





これにて事件は一件落着。え?オチが無いって?
当たり前だ!!現実の話にそう易々とオチが付く訳が無かろう!!


別窓 | 常軌を逸した日常 | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
先行き不安
2006-05-23 Tue 21:38
今日の朝の事でした。
俺が所属する集団のボスと話をしていると、
突然思い出したようにボスが俺にこう言いました。

ボス『ブログ始めるから。』
俺『そうですか。頑張って。』


ボス『いや、MeじゃなくてYouが始めるんだよ?』





俺『え、ウソ!?』





と言う経緯があり、
今こうして筆を走らせている次第であります。
しばらくは今まで某所で書き溜めたネタの
リメイクをする事にします。

それでは次回の更新でお会いしましょう。
別窓 | 常軌を逸した日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| You、CanだからDoしちゃいなよ!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。